無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り 航空貨物無料お見積り

0-9       0-9
A-D      A B C D
E-H      E F G H
I-L        I J K L
M-P     M N O P
Q-T      Q R S T
U-Z      U V W X Y Z
あ-な    
は-わ    

Delivered at Place (仕向地持込渡し)
DAF、DES、DDU(インコタームズ2000)に代わり新設。
荷卸しの準備が出来ている到着した輸送手段の上で、物品が買主の処分に委ねられた時、売主が引渡の義務(危険移転)を果たします。輸出通関手続きは売主が行う。輸入通関は一般的に買主が手配を行うため、手配の義務はありません。

Delivered at Terminal(ターミナル持込渡し)
DEQ(インコタームズ2000)に代わり新設。
売主が指定されたターミナルに持ち込み物品が荷卸しされるまでのコストとリスクを負担し、買主の処分に委ねられた時、売主が引渡し(危険移転)の義務をは果たします。輸出通関手続きは売主が行います。

アメリカとカナダの小売業者は2005年1月1日までに、これまで使用してきた12桁のU.P.C.シンボルに加えて、EAN-8、EAN-13にも対応できるようにPOSシステムをアップグレードをしなければならない。

北米向け貨物について、外国港での貨物積込24時間前までにマニフェスト情報を米国税関へ事前申告することを義務付ける米国関税庁の提案規則。2002年12月2日に施行された。

【中国】外国企業の誘致拡大を目指す優遇政策の一つ。 業種を対象にしたもの、進出地域を対象にしたものなど優遇策は広範囲にわたる。「2免3減半」は国生産型で経営期間10年を超える企業に対し、利益が生じ始めた年度の1年目と2年目は外国企業所得税を全額免除、3年目から5年目は半額免除にして、税率を15%軽減するという優遇措置のこと。

調達アウトソーシングの意味。ロジスティクスの分野では、アッセンブリーメーカー向けの部品の調達代行を3PL事業者が行うケースが目立っている。このことを特に3PL/3PFということもある。また、SCM/ロジスティクス関連のパッケージ・ベンダーがこのような仕組み向けのパッケージの提供も始めている。

“サードパーティ・ロジスティクスの略。サードパーティとは第3勢力のことである。ロジスティクス機能を担う第3勢力のことである。「第3」の意味には以下の2通りがある。

循環型社会への転換に向けた3つの軸、・Reduce(発生抑制)廃棄物となるものを使わないこと、作らないこと・Reuse(再利用)廃棄する前に何回も使うこと ・Recycle(再資源化)再資源化して廃棄を減らすことを指す。

“E. W. Smykey の進めるロジスティクスシステム要件の別の用語のことを指す。Speedy (速く) Safety (安全に) Surely (確実に)Low (安く) を言う。

【中国】中国においての加工貿易のタイプを指す言葉のこと。

マッカーシー(E. Jerome MaCarthy)が1961年に唱えたマーケティング・ミックスのモデルのこと。マッカーシは4Pを組み合わせた意思決定を行なうことによって、市場をコントロールできるという。この考え方に異論を唱える人も多いが、市場戦略を考えるアプローチとして、この4Pに基づいて分けることはシンプルかつ今でも有効であるということができる。

Fourth Party LogisticsTMはアンダーセン・コンサルティングLLP(現・アクセンチュア)がトレードマークを取得している。その定義によれば、「4PL事業者はサプライチェーンのインテグレータであって、その事業者自身および他のサービス提供者の保有している各種資源、設備能力、技術を組み合わせて管理することによって、包括的なサプライチェーン・ソリューションを提供するものである」と定義している。

“ロジスティクス・システムが満たさなければならない5つの要件のこと。”"five rights”"の意。「適切な物を、適切な場所に、適時な時間に、適切な条件で、適切なコストで運ぶ」ことを言う。”

3R+・Refuse(拒絶)廃棄物となるようなものを受け取らない ・Repair(修理)修繕してものを長く使うこと。

整理・整頓・清潔・清掃・躾(しつけ)のことを指す。製造現場や倉庫における作業者管理の基本行動。ローマ字つづりの頭文字をとって5Sともいう。

Right Commodity (適切な製品を) Rignt Quantity (適切な量) Right Time (適切な時に) Right Price (適切な価格で) Right Impression (適切な印象で) Rignt Quality (適切な品質で) Right Place (適切な場所に届ける)のことを指す。

Right Part (適切なパーツ) Right Quantity (適切な量) Right Time (適切な時間) Right Place (適切な場所)Right Price (適切な価格) Right Quality (適切な品質)Right Source (適切な事業者) Right Service (適切なサービス) の事を呼ぶ。

Zone Skipping 。アメリカの宅配貨物において取り上げられている、物流コスト削減の方法の一つ。

アジア関係同盟 ・協定によってCAFに替わり導入された料金で、急激な円高による損失を補填するための割増料金のこと。指定された期間の平均為替相場が1ドル(US$) 120円を超えた場合に課金される。

ヤード管理システム (Yard Management System: YMS)のこと。主に2つの系統がある。①海上コンテナや鉄道コンテナなどのコンテナヤードの管理 ②民間の物流センター等におけるヤード、つまり駐車スペースとそれに関連する一連の業務の管理。 日本の海上コンテナのヤード管理システムは、官主導で導入されている港もある。

共同海損に関する取り決めを定めた国際統一規則であり、事実上共同海損を処理する上で世界的な準拠法となっている。

入荷してきた商品を在庫することなく仕分して出荷する形式。物流センターにおいて、複数の仕入先からの入庫貨物を在庫させる事なく、複数の配送先に交差・振り分け出荷する手法。複数の仕入先からの種々の貨物を物流センターにて出荷先毎に取りまとめて集約配送する。この方式では、メーカーへの発注やその入庫予定、出荷先からの配送オーダーが正確に把握・マッチングできるシステムや、貨物の仕分け管理など高度な業務遂行機能が必要になる。

XML(Extended Markup Language)。SGMLを基にしてEC(電子商取引)向けに開発されたマークアップランゲージ。過去のEDI標準に代わるものとして注目されている。XMLの長所としては、拡張が容易なこと、表示内容を容易に定義できること、最新の情報への更新が容易なこと、アプリケーション・プログラムの作成が容易なことがある。

“卸小売比率のこと。卸小売比率とは、卸売販売金額に対する小売販売額の比率のこと。算式:W/R比率=(卸売販売額-産業使用者向け販売額-国外向け販売額)/小売業販売額    卸小売比率は、流通経路の長さを示す指標として、流通の多段階性を示すとされる。 日本の流通経路の複雑さを示すものとして、欧米諸国と日本の比率を比較する材料として使われることが多い。

流通の多段階性を測る指標。算式:W/W比率=(卸業販売額-本支店間取引額)÷卸売業以外のユーザー向け販売額(小売業向け・産業用向け・国外直接輸出向け・消費者向け)  W/W比率が1に近いほど卸売業者間の取引回数が少ないことを示す。W/R比率(卸小売比率)と類似の指標だが、W/R比率は海外との比較に用いられることが多く、W/W比率は時系列比較に用いられることが多い。

貨物保険条件のひとつで、、全損、沈没・座礁・大火災・衝突以外の事故による分損、貨物墜落による一個ごとの全損、共同海損による損害等が補償される。分損担保より広範な担保条件はオール・リスク担保。

“倉庫システムにおけるピッキング効率化の方法。バッチ・ピッキングはピッカーの移動距離を削減することによるピッキング効率化の方法である。注文を集約して品種単位にまとめてピッキングし、その後で注文先ごとに仕分ける種まき方式の品ぞろえシステム。一般的には、品種数が少なく注文数量が多い場合に採用される。

貨物の受領書と運送引受条件記載書を兼ね備えたもの。この点ではB/Lと同じ。また表面の記載事項欄もB/Lと同じ。しかし、B/Lと違い、WAYBILLは有価証券ではないため、裏書き譲渡は不可能。荷渡しの際には、WAYBILLの呈示とは関係なく、貨物を受け取りに来た人がWAYBILLに記載されたCONSIGNEE(荷受人)であることが確認されてから、貨物が引き渡される。したがって、WAYBILLは必ず記名式であり、指図式では発行されない。

“1952年関税と税関手続きに関し調和と簡素化を図るために「関税協力理事会」として発足し、1964年に日本も加盟。1994年から現在の名称に変更。

ウェブ技術とインターネットを使用したデータ交換方法。従来のEDIは専用線やVANを使用し、またデータ交換フォーマットも取引先毎に異なる等、情報システム費用がかかる上、技術を持った情報システム要員が必要であった。そのため、比較的規模の大きい企業しか導入することができなかったが、WebEDIはインターネットに接続可能なパソコンで利用できるため、電話やファックスに代わる中小企業とのデータ交換手段として注目されている。

WEEEは Waste Electrical and Electronic Equipment の略。日本語訳は「廃電気電子機器指令」。再生・再利用を目指し設計、生産、分別回収、処理、再生の各プロセスにおける指針と、費用負担のあり方、消費者への情報提供、処理施設への情報提供などが取り決められている。

Warehouse Order Cycle Time。倉庫が出荷指示を受信してから出庫(積み込み)可能になるまでの間の所要時間 。

GATT(関税と貿易に関する一般協定)ウルグアイ・ラウンドにおける合意に基づき、1995年1月に発足した機関。世界貿易の秩序維持を目的とし、140以上の国・地域が加盟した。さらに自由貿易を促進する国際機関として、GATTにかわり1995年1月にWTO(世界貿易機関)が設立された。

WWRE (WorldWide Retail Exchange)。小売企業と10万社を超えるサプライヤー、パートナーおよび流通業者の間の取引を促進・簡素化するために設計されたウェブ上のB2Bエクスチェンジ(=取引所)。2000年3月稼動。

“価値連鎖。M.E.ポーターの戦略論の一つ。バリュー・チェーンでの活動は主活動と支援活動に分類されている。バリュー・チェーンという言葉通り、購買した原材料等に対して、各プロセスにて価値(バリュー)を付加していくことが企業の主活動であるというコンセプトに基づいたものである。(売上)-(主活動および支援活動のコスト)=利益(マージン)であるため、図示した場合にはバリュー・チェーンの最下流にマージンと記載される。主活動の構成要素の効率を上げるか競合他社との差別化を図ることで企業の競争優位は確立するとした。

コンテナに貨物を詰め込むこと。逆ににコンテナから貨物を取り出す事をデバンニング(Devanning)という。

Value Engineering:価値工学。 顧客が必要としている機能を明確化して、設計、資材、部品、その加工方法などをあらゆる角度から比較・検討し、最も低いコストでその機能を達成する手法。

ドライバーの利便性の向上、渋滞の解消・緩和等を図るため、渋滞状況、所要時間、工事・交通規制等に関わる道路交通情報を、道路上に設置したビーコンやFM多重放送により、ナビゲーションシステム等の車載機へリアルタイムに提供するシステム

ベンダー管理在庫方式(VMI:Vendor Managed Inventory)納入業者に発注業務を委託すること。納入業者・仕入者双方が需要予測を行い、仕入者から販売(使用)情報と在庫の量が納入業者に伝わると、在庫の補充量が算出でき、出荷を指示する。仕入者は発注業務をしない。

海外(非居住)の製造メーカー(ベンダー)が自社の名義で直接本邦等(相手国又は第三国)で在庫管理を行うこと。 ユーザー側(居住者)としてはベンダーの在庫を必要以上に保有する必要も無くなる。また、ベンダー側(非居住者)としても同国の複数ユーザー向けの部品・製品を一括管理が可能となり相互にメリットがある。

Vendor-Managed Replenishment。VMI(Vendor Managed Inventory)のカナダ版。

Vendor-owned Inventory。購入者の倉庫内に納入業者の資産として在庫を置いておくVMI。購入者の倉庫内に納入業者の資産として在庫を置いておくVMI(Vendor Managed Inventory)。VMIとは部分品供給業者であるベンダーが部分品の在庫を自分のものとして管理すると言う意味。日本ではコック倉庫等でおなじみのもの。コック方式とは水道の蛇口(コック)をひねるように、必要な時に好きなだけ資材を調達できるという意味で名付けられた取引の方法で、日本では家電業界などを中心に以前から広く行われてきた。

荷物のサイズから換算される重量。。運送料金は、実際の重量(Actual Weight)と容積重量(Volume Weight)を比較して、どちらか大きい方をで算出する。海上輸送では、1m3=1t。

オハイオ州立大学のバーニー教授が提唱した企業の持つ経営資源を4つの視点から分析し、企業の競争優位性を分析する手法である。

国連の勧告の中で、輸送上危険有害な化学物質に付与された番号(数字4桁で表示)のこと。国連番号は、危険物を識別するための重要な認識番号で、 同リストに示されている危険物の品名(Proper Shipping Name)と共に、IMDG CODE(1:火薬類、2:ガス、3:引火性液体、4:可燃性固体、5:酸化性物質、6:毒物及び伝染性病原体等、7:放射性物質等、8:腐食性物質等、9:有害性物質) や危険物船舶運送及び貯蔵規則その他危険物の運送に関わる規則の中で広く利用されている。

“国連の下位機関。商取引や貿易の促進を目的としている。電子データ交換(EDI)標準のUN/EDIFACTや、ebXML(OASISと共同)、UN/CEFACT Modelling Methodologyなど。

国連が管理する電子データ交換(EDI)のための汎用国際基準。貿易手続をはじめとしてビジネス全般に亘って幅広く使用されている。

国連の定めた地域コード。

“国連のUNDPが管理する製品・サービスの分類コード

船の貨物積み付け場所で、甲板下の船艙内を指す。

光ビーコンを用いた個々の車両と交通管制システムとの双方向通信等の高度な情報通信技術により「安全・快適にして環境にやさしい交通社会」を実現しようとするシステム。

“買主(輸入者)が手形決済を行う前に銀行から貨物引き取り保証状を受けるために銀行に提出する保管証のこと。買主が貨物を船会社から引き取っても、貨物の担保権は銀行が保有したままである。

輸入者(買主)が手形決済を行う前に銀行から船積書類を借り受ける為に銀行に提出する保管証のこと。この保管証と引き換えに船積書類が渡され、貨物を引き取ることができるようになる。手形が決済されるまでは銀行が貨物の所有権・担保権を保有したままである。

銀行を経由し、電信で海外へ送金する方法。

液体貨物の輸送に用いられるコンテナ。

Technology Asset Protection Association。1997年に米国で、ハイテク製品の保管・輸送中の紛失・盗難などでの損失防止を目的に、電子機器や精密機械メーカーが中心となり、輸送会社や警備会社なども参画し設立されたNPO(非営利団体)。倉庫・輸送におけるセキュリティレベルを審査し認証を与える機関 (Technology Asset Protection Association)として活動している。1999年にはTAPA EMEA(欧州・中東・アフリカ)、2000年にはTAPAアジア(オセアニア、アジア)、2005年にTAPA Brazil(南米)が始動した。

TC。トランスファーセンターまたは通過型センター。在庫を持たず、仕分けのみを行う倉庫。

Transportation Demand Management:交通需要マネジメント。道路利用者に時間、経路、交通手段や自動車の利用法の変更を促し、交通混雑の緩和を図る方法です。複数の交通機関との連携によるマルチモーダル施策とあわせて複合的に実施することにより、都市の交通を円滑にする手法の体系。自動車利用者の交通行動(時間、経路、手段、利用の仕方、発生源の調整等)の変更を促すことにより、都市または地域レベルでの道路交通混雑の緩和をする。 例としては、混雑時間帯を避けて出勤する「時差出勤・フレックスタイム」や、多くの人を一度に運ぶことができる「公共交通機関の利用」、車と公共交通機関を併せて利用する「パーク・アンド・ライド」などがある。また、道路を有効的に活用する、「バスレーン」「相乗り車優先レーン」など。

テクノスーパーライナー(techno super liner)は、旧運輸省が中心となって計画し、最新の船舶技術を使用して建造された高速船。

20フィートコンテナ1個を単位としたコンテナ数量。20フィートコンテナ1本は1TEU、40フィートコンテナ1本は2TEUとなる。

20フィートコンテナ1個を単位としたコンテナ数量。20フィートコンテナ1本は1TEU、40フィートコンテナ1本は2TEUとなる。

仕向港に到着したコンテナをコンテナヤード(CY)の所定の位置まで運ぶために発生した費用を船会社が荷主に課金する料金のこと。積港と揚港の両方で発生する。

スループット会計。ゴールドラットのTOC(制約理論)による管理会計方式。

“Timarandum Height、tihi。パレット積みのときの層あたりケース数×高さ。Ti-Hiが9×3の場合は、1層に9ケース、3段積みで1パレットあたり27ケースとなる

ロサンゼルス及び・ロングビーチ港での平日ピーク時における交通渋滞を緩和する目的で、非営利団体PierPASSによるOff Peak Programによって2005年7月25日より導入された料金で、この時間帯に搬入出されるすべてのコンテナ貨物に対して課金される料金のこと。但し、次の貨物は対象外となる。空コンテナ、他港への積替えコンテナ、国内貨物コンテナ、Alameda Corridorを経由するコンテナ。 なお、TMFの支払いについては、PierPASSへの事前登録が必要。

“Specific Purpose Company (特定目的会社)。資産の流動化に関する法律」に基づいて資産の流動化業務を行うためだけに設立される特別な社団法人のこと。業務としては、特定資産(金銭債権、不動産など)の流動化、すなわち有価証券の発行による資金調達および特定資産の譲受のみに限定される。一定の要件の下、税制上の優遇措置を与えられている。また、特定資産を処分した後には解散することが原則とされている。

Theory of Constraints( 制約理論)。イスラエル出身の物理学者エリヤフ・ゴールドラット(Dr. Eliyahu M. Goldratt)博士が提唱した生産管理・改善のための理論体系。SCMの背景理論の1つともいわれる。

“SO 8402-1994(2000年にISO 9000:2000に統合)によるトレーサビリティの定義

登録された識別番号等によって履歴や使用法あるいは商品の所在や生産加工場所を検索する能力。

TC。トランスファーセンターまたは通過型センター。在庫を持たず、仕分けのみを行う倉庫。日本の小売業で使われている用語。

INDEX
0-9  0-9
A-D A B C D
E-H E F G H
I-L I J K L
M-P M N O P
Q-T Q R S T
U-Z U V W X Y Z
あ-な  
は-わ

次のページ »

ジャパントラストとは 当社の特徴
VIDEO
JAPAN TRUST Service contents
サービスを詳しく知りたい方へ
企業理念を伝える映像
企業理念を知りたい方へ
JAPAN TRUST Promotional Video
弊社をもっと知りたい方へ
ページトップへ