無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り 航空貨物無料お見積り

冷蔵室の級別。対象の温度帯によりクラスが別れ、F級は-20℃以下温度帯を示し、等級の数字が大きくなるほど対象温度帯は低くなる。

世界各国のファクタリング金融機関がお互いに協力し、輸出代金の回収を安全確実に行うシステム。L/C開設に伴う各種負担を輸入者にかけず、輸出代金後受方式による代金の回収を安全確実に行うことが可能。

船舶用燃料(重油)費の価格変動を運賃に反映させる割増(引)料金。アジア関係4同盟、1協定が1999年の燃料油高騰の際に導入した。現在は、極東航路、東南アジア航路、中近東航路、南米航路で導入されている。

国際海上交通の簡易化に関する条約。IMOにより1965年に制定された条約で、国際物流の円滑化を目的に船舶の入出港の際に税関など関係当局に提出する書類の簡素化・統一化を定めた国際条約である。現在では世界で90数カ国がすでに批准しており、今は関係書類の電子化への移行が検討されている。

インコタームズの一種。Free Alongside Shipの略で、船側渡し条件のこと。輸出者は積港で本船の横に荷物を着けるまでの費用を負担し、それ以降の費用及びリスクは輸入者が負担する(輸入者は、船にまで積み込む必要はない)。FOBが甲板渡し(船積みまでが責任範囲)なのに対し、FASは積み込み直前(船側まで持込み)までが責任範囲となる。

Foreign Access Zoneの略称で、日本では輸入促進地域と呼ばれる。外国貿易港湾や国際空港およびその周辺地域に輸入品の荷捌き・保管施設展示場、情報センター、卸売り施設など輸入インフラを集積する地域で、地域活性化の狙いも持つ。法律に基づいて地域指定される。第3セクター等が事業の中心となり、産業基盤整備基金によるこの第3セクター等への出資のほか、日本開発銀行を通じての融資等も行う。1992年度に初めて7地域が指定された。2006年5月に制度は廃止された。

インコタームズの一種。Free Carrierの略称で運送人渡し条件のこと。FOBとほぼ同じだが、コンテナ輸送時に輸出者がコンテナを積み地のCY(コンテナヤード)に持ち込んだ時点で費用とリスクが購入者に移転する。輸出通関費用は輸出者の責任。ただし船(航空機)の予約は輸出者が行い、船名、入港日などを輸入者に連絡の必要がある。

Full Container Load または Full Carloadの略称で、TL (Truckload)ともいう。コンテナ1本を単位として運送される大口貨物をいう。これに対し、コンテナ1本に満たない小口貨物をLCL貨物と呼んでいる。

Full Container Load または Full Carloadの略称で、TL (Truckload)ともいう。コンテナ1本を単位として運送される大口貨物をいう。これに対し、コンテナ1本に満たない小口貨物をLCL貨物と呼んでいる。

Forwarder’s Cargo Receiptの略称。運送取扱人(Freight Forwarder)が貨物の輸送(運送)を海上運送人(NVOCCや船会社)へ取り次ぎ、委託を行うという前提で貨物を受け取ったことを証明する書類。日本では貨物受領証と呼ばれる。

First-Expired First-Outの略称で、在庫管理の種類。先に使用期限が切れるものから先に出していく方法。

Forty foot Equivalent Unitsの略称で、コンテナ船の船舶輸送量の単位。40フィートコンテナ換算。

Factory Gate Pricingの略称で工場直渡しのことではあるが、単なる工場直渡しではなく小売主導でメーカー工場から小売店頭までの物流を効率化しようとする動きの一つ。初期の頃に行ったのはカナダのウォルマートで、現在盛んに行われているのは英国のテスコ等複数といわれている。

First-In First-Outの略称で、在庫管理の種類。先に入庫したものから先に出庫していく方法。

B/L上に記載されている項目の一つで、貨物の最終仕向け地のこと。しかし、船会社の輸送責任はPlace of delivery欄に書かれている場所までとなる。

特殊コンテナの一種で、ドライコンテナのように密閉されておらず、天井や側壁を持たないコンテナ。コンテナに入りきらない大型の貨物をコンテナ船で輸送する際に利用される。本来のコンテナサイズからはみ出した場合はOver gaugeと呼び、側面のみはみ出した場合はOver wide、上面のみの場合はOver high、全てはみ出した場合はFull voidと呼ぶ。

Food Marketing Instituteの略称で、米国食品マーケティング協会のこと。食品小売企業および卸売企業に対し、競争力強化・運営レベルアップ・顧客サービス向上を目的とした調査・教育・交流場所の提供を主業務としている。

インコタームズの一種。Free on Boardの略称で、本船甲板渡し条件のこと。輸出者が自らの責任と費用によって輸入者が指定した輸送手段(本船、航空会社)に貨物を引き渡す(積み込む)までの輸送責任を持つこと。国内物流では工場渡しの場合に使われることがあるが、これは正しくは ex-Factoryである。 インコタームズの中でも使用頻度の多いものの一つ。

貨物の原産国を証明した原産地証明書の様式のひとつ。輸入時の特恵関税適用を受ける為に必要な証明書で、原産国の税関(国によっては、官公庁、商工会議所など他の機関の事もある)がその物品の輸出の際に発給する。

貨物保険条件のひとつで、全損、共同海損は担保するが、単独海損の場合は特定分損を除き担保しない条件。特定分損とは、SSBC事故(Sinking/沈没、Stranding/座礁、Burning/大火災、Collision/衝突)および爆発、接触、積込・荷卸・積替中の梱包1個ごとの全損、費用損害(救助料、損害防止費用、特別費用等)を指し、潮濡れは含まれない。

Freight Quality Partnership(貨物車交通マネジメント組合)の略称。英国を中心に行われている地方自治体主導の貨物自動車輸送品質向上を取り組む組合。地域内における様々な貨物輸送に伴う問題、例えば騒音、自動車事故への危険、ドライバーが不慣れな場所ため道路規制情報不足による無駄な走行の増加や違反、それに伴うコスト上昇や配送遅延等を解消することが目的。

揚港におけるCYやCFSで貨物やコンテナが引き取り可能となってから、Demurrage Charge(保管料)の支払いが免除される一定期間のこと。この期間を過ぎるとDemurrage Chargeが発生する。

主に倉庫、船のバラ積み貨物等で使用される単位。容積トン(Freight Ton)

TAPA(Technology Asset Protection Association)の定めた輸送業者への保管に関する要求事項(2002年版)で、これを満たしているフォワーダーにはCertificationが出されている。

特定の国や地域との間で貿易を活発にするために、数量制限や関税撤廃を目的とした協定のこと。貿易に関する国際協定にはWTOがあるが、WTOではは多国間の協定のためなかなかまとまりにくいが、FTAは2国(又は地域)間の協定のため比較的合意に達しやすい。

Full Truckloadの略でTL (Truckload)ともいう。貨物をトラックまたはトレーラーを1車で運ぶこと、またはその量があること。

“FAZ (Foreign Access Zone) 外国貿易港湾や国際空港およびその周辺地域に輸入品の荷捌き・保管施設展示場、情報センター、卸売り施設など輸入インフラを集積する地域で、地域活性化の狙いも持つ。法律に基づいて地域指定された保税地域。FTZ下にある商品はアメリカ税関に関税を払うことなく、様々な作業(repacked

INDEX
0-9  0-9
A-D A B C D
E-H E F G H
I-L I J K L
M-P M N O P
Q-T Q R S T
U-Z U V W X Y Z
あ-な  
は-わ

ジャパントラストとは 当社の特徴
VIDEO
JAPAN TRUST Service contents
サービスを詳しく知りたい方へ
企業理念を伝える映像
企業理念を知りたい方へ
JAPAN TRUST Promotional Video
弊社をもっと知りたい方へ
ページトップへ