無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り 航空貨物無料お見積り

貨物を輸入するにあたり、輸入者名、品目、数量、価格、関税、消費税などを記載して税関に提出する書類を輸入申告書といい、税関が輸入を許可し許可印を押して交付されると輸入許可通知書となる。

輸入貿易管理令の規定によりIQ(輸入割当制)を受けるべき貨物、輸入公表により特定の原産地または船積み地域からの輸入につき承認を要する貨物、外為令により特殊決済とされている方法により決済される貨物を輸入する際、所定の機関に申請をして輸入承認を受ける書類で輸入通関の際に税関の裏書きを受ける必要がある。

“国際航空運送協会(こくさいこうくううんそうきょうかい、IATA

本船や保税地域から貨物を直接国内に輸入すること。保税蔵置場からの蔵出輸入(ISW)、または保税工場からの移出輸入(IMW)に対して用いられる用語。

物を自動識別する目的で作られた非接触型ICのことで、現在ではICタグ、RFID(Radio Frequency Identification)などとも言われることが多い。製品番号や車両番号などを記憶させ、ある地点を通過するとその情報が読み取れるようにする。

Industrial engineering(経営工学) の略称で、管理工学、生産工学ともいう。生産現場では広く使われている改善方法。人、物、設備、金を総合した動作研究、工程分析に基づき、作業手順や工場内レイアウト等を科学的に見直すことで、生産効率を向上させるもの。

米国内陸の鉄道、トラック等の燃料費高騰に対する措置として導入された割増料金。

国連危険物輸送専門委員会による国連勧告を受けたIMO(国際海事機構)が危険物の個品輸送に関して定めた規則。危険物の定義、容器の基本基準要件、試験規定及び運送基準などが定められており、危険物海上運送のバイブルとして利用されている。わが国では、同規則を全面的に批准した危険物船舶運送及び貯蔵規則が制定されている。

国際貿易に従事する船舶の技術・安全運行・危険品輸送・海洋汚染防止などにかかる規則等を各国政府に勧告する国際連合の専門機関。海上航行の安全性と海運技術の向上やタンカー事故などによる海洋汚染の防止や諸国間の差別措置の撤廃を目指しており、世界の150カ国以上が加盟している。SOLAS条約やFAL条約などもこの機関で審議され提案されている。

International Rules for the Interpretations of Trade Terms。 日本語訳は(国際商業会議所(ICC)が制定した)貿易取引条件の解釈に関する国際規則。インコタームズは、国際貿易取引における売り主/買い主間の様々なトラブル(費用の負担、事故発生時の責任など)を回避するための、標準的な取引条件と、その条件の意味・解釈を定めている。任意規則であるため、強制力はなく、貿易取引の契約書に「本契約で使用されている貿易条件は、インコタームズ2000 or 2010によって解釈する」というような約款を入れることが一般的である。インコタームズ2010では、FOB、CFR、CIFの各条件が削除、DAT・DAPが新設され全部で11種類に纏められています。

情報仲介事業者のことで、これまでの流通業を意味するインターミディアリ(仲介業者)に対応して作られた新語。売り手、買い手の必要とする情報やサービス機能を持つことで商取引を円滑に進ませるビジネス。代表的なものとして、特定の業界やニーズのための電子商取引のプラットホームである業界別ポータル、オークションサイトがある。

少なくとも2つの運送手段(飛行機、船舶、鉄道、車両等)によって行われる運送のこと。複合輸送ともいわれる。

内部統制のこと。物流コスト軽減の理由から物流業務のアウトソーシング化、並びに3PL事業への移行により、物流会社も荷主企業の内部統制の対象となり得る。

在庫を持つことによりかかるコスト。在庫を保有し続ける物理的コスト(在庫サービスコスト:保険料、棚卸資産税、保管コスト:自社倉庫、借庫、営業倉庫にかかる費用+保管管理にかかる諸費用)の他に、資本コスト(在庫金額 × 金利)、在庫リスクコスト(陳腐化、盗難、損傷、在庫偏在などのリスクにより想定される損失)も含む。

在庫担保融資(Inventory (Stock) Financing)企業の抱える在庫を担保に、低利の資金を供給すること。動産担保融資の一種で対象となる在庫は、担保した在庫が融資した価値以上で着実に販売できるものでなければ、この仕組みは動かない。また、回収や処分が必要になったときにそれができる事業者の介在も必要になる。

棚卸資産(在庫)を金額評価したもの。財務諸表の貸借対照表に資産計上されるため、定期的に(最低でも期末に一度は)棚卸資産の金額評価が必要となる。

貿易取引において、船荷証券と並ぶ最重要書類の一つ。 通常、単に送り状、Invoiceと言った場合は、商業送り状(Commercial Invoice)を指すことが多いが、Official Invoice(公用送り状)などいくつかの種類がある。品名、数量、価格、契約条件、契約単価などが記載されており、船積みされた貨物の明細を現わすとともに、代金の決済、輸出入申告などもInvoiceをベースに処理される。

Interior Point Intermodalの略称。日本から北米の西海岸まで海上輸送し、鉄道やトラックに積み替えた後、鉄道のランプもしくは船社のCY(トラックターミナル等)まで輸送する方式で、ランプもしくはCYをIPIポイントと呼ぶ。

わが国の経済状況によって、ある特定の貨物の輸入数量制限を実施する必要がある場合、該当貨物の数量または金額を輸入者または需要者などに割り当てる制度のことをいう。

税関長の承認を受け、貨物を保税蔵置場に入れること。

Information Security Management Systemの略称で、情報セキュリティマネジメントシステムのこと。情報に関するセキュリティを管理する為の仕組みで、個別の問題毎の技術対策の他に組織のマネジメントとして自らのリスク評価により必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち資源配分してシステムを運用すること

International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称。工業分野の国際的な標準である国際規格を策定するための民間の非政府組織。本部はスイスのジュネーヴ。1947年に設立された国際機構で、コンテナに関わる分野では1961年にフレートコンテナ専門委員会が結成され、国際流通に役立つコンテナ国際標準規格の制定に大きく貢献している。

国際標準化機構(ISO)の規定している物流ラベルの国際規格。

国際標準化機構(ISO)の規定している食品マネジメントの国際規格。食品に携わるすべての事業者(食品機械メーカー、物流事業者等)のマネジメントを対象としている。

国際標準化機構(ISO)の規定している品質マネジメント保証の国際規格。品質保証とは、「製品又はサービスが品質要求事項を満たすことについての十分な信頼感を供するために、品質システムの中で実施され、必要に応じて実証される、すべての計画的かつ体系的な活動」と定義されている。

International Standards for Phytosanitary Measure(動植物検疫に関する国際標準)の略称。特に木材梱包材についてのNo.15はいる病害虫に関する輸入規制である。木製パレットやコンテナ内の保護用木材などが輸出時に各所で問題となっている

SOLAS条約(国際海上人命安全条約)によって定められたISPS Codeの発効に伴い、船会社及びターミナルはISPS Codeに適応・遵守することが義務付けられ、それに伴い発生した諸費用(フェンスの増設・ビデオカメラ設置・本船での保安管理者の配備等)の一部を荷主に課金すること。この料金は船会社側に発生するコストに関わる部分(ISPS Charge)と、各港のターミナル業者から請求される部分(Terminal Security Charge)とから成る。

International Ship & Port Facility Security Code(国際船舶及び港湾施設保安コード)の略称で、国際航海船舶と港湾施設の保安基準のこと。2001年9月の米国同時多発テロ事件を契機としてアメリカが提唱し、SOLAS条約の改定に伴い、2004年7月1日に発効された国際規則のひとつ。各国の政府、海運・港湾が協力し合い、船舶及び港湾施設の保安強化を目的としている。

Interleaved two of fiveの略称でバーコードの一種。JANコードをベースとして作られており、段ボール紙のように印刷条件が悪くても直接印刷が可能であることが特徴。データの奇数桁を黒部分、偶数桁を白部分が独立して表現しているため、バーコード全体の長さを短く抑えられる点にメリットがある。

IT Infrastructure Libraryの略称。「アイティル」もしくは、「アイティーアイエル」と読む。ITサービスマネジメントにおける成功事例をまとめた書籍群。英国政府がとりまとめ、ITサービス運用の分野において重要な位置付けとなっている

Intelligent Transport Systems(高度道路交通システム)の略称。最先端の情報通信技術等(IT)を用いて道路交通の安全性、輸送効率、快適性の向上等を目的に、人と道路と車両とを一体のシステムとして構築する新しい道路交通システム。

IT Skill Standardの略称で、ITスキル標準のこと。各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を職種や専門分野毎に明確化・体系化した指針。業種・専門分野で細分化されており、それぞれの分野におけるレベル判断の目安、キャリアパス等についてのガイドラインを示している。

Intelligent Transport Systems(高度道路交通システム)の略称。最先端の情報通信技術等(IT)を用いて道路交通の安全性、輸送効率、快適性の向上等を目的に、人と道路と車両とを一体のシステムとして構築する新しい道路交通システム。

IT Skill Standardの略称で、ITスキル標準のこと。各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を職種や専門分野毎に明確化・体系化した指針。業種・専門分野で細分化されており、それぞれの分野におけるレベル判断の目安、キャリアパス等についてのガイドラインを示している。

INDEX
0-9  0-9
A-D A B C D
E-H E F G H
I-L I J K L
M-P M N O P
Q-T Q R S T
U-Z U V W X Y Z
あ-な  
は-わ

ジャパントラストとは 当社の特徴
VIDEO
JAPAN TRUST Service contents
サービスを詳しく知りたい方へ
企業理念を伝える映像
企業理念を知りたい方へ
JAPAN TRUST Promotional Video
弊社をもっと知りたい方へ
ページトップへ