無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り 航空貨物無料お見積り

太さが違う縞模様状によって商品名、製造会社名、品目などの商品情報を表す。シンボル。識別子。数字、文字、記号などの情報を一定の規則に従い一次元のコードに変換し、レジスターなどの機械が読み取りやすいデジタル情報として入出力できるようにしている。

船舶が着岸し荷役を行う岸壁や桟橋のこと。岸壁と桟橋の違いは、岸壁は海底まで埋め立てられているものを言い、桟橋は支柱のみのものをいう。

「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」。産業廃棄物等の輸出入を規制した国際条約。

仮想企業体。他企業と提携し、お互いをまるで自社内の部門のように動かすことによって経営効率を向上させる。得意分野に自社の経営資源を集中投下できるというメリットがある。

日本語での直訳は「完全注文」、「完納率」。パーフェクトオーダーとは、顧客の注文に完全に答えること。その達成にはロジスティクスの様々な機能が関連する。要はロジスティクス活動全体の性能を統合して判断するための指標なのである。

日本通運が商品化しているピッキングシステム。紙のピッキングリストを使わず、作業員にハンディ端末を持たせ、棚についたバーコードを読み取ることによって必要数をピッキングする方法。ピッキングミスを削減することができる。

新しい3PLのあり方として造られた用語。中間業者(卸売業)を指すIntermediaryから派生した用語。インターネット時代になり、中間業者には、既存の取引事業者間での取引の仲介のみではなく、他の事業者の柔軟な選択、情報の交換を行うことが求められている。

フォワーダーがバイヤーに代わって複数の工場で生産された商品(FCLにはならない量)を船積地でコンテナに混載して、目的地へ輸送(バイヤーに輸送)する物流形態。これにより、コスト低減、リードタイム短縮、在庫削減、バイヤー側の入庫業務の軽減などが実現される。

Hazard Analysis and Critical Control Point。 食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因(ハザード;Hazard)を分析しそれを最も効率よく管理できる部分(CCP;必須管理点)を連続的に管理して安全を確保する管理手法である。1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された。米国農水省が推進している。

梱包ごとに品名、個数、重量、シッピングマーク(荷印)などを記載する。数量が少ない場合は、インボイスで兼用される事もある。

帰り便。荷物を目的地まで運んだ車両が、別の荷物を目的地から発地近隣まで積んで帰れば、実車率があがり、単位あたりの輸送コストも低減する。

粉末やチップ状のものなどを輸送する時に用いられる、梱包方法の一つ。

企業または事業部の展望と戦略を明確化し、それと部門や個人の目標や展望と整合性をとることにより、組織全員のチームワークと結束力を強化する、戦略的マネジメントシステム。

物を載せる台になるすのこ。工場やトラック、コンテナ、倉庫などでの荷役作業を扱いやすくするためのもので、運搬の際には台上に荷物を載せ、穴になった部分にフォークリフトやハンドリフトの爪を差し込んで持ち上げる。材質は木材でできたものが多いが、近年では湿気などに強いプラスチックでできたものもある。

パレット単位による梱包方法一つで、カートンや小型包装貨物などを複数梱包することができる。フォークリフトの使用も可能になるので、大きく重い状態でも移動等が容易になる。材質としては、木材(Wooden)、スチール(Steel)、トライウォール(Tri-Wall、強化ダンボールのこと)等がある。粉末などを輸送する時に用いられる、梱包方法の一つ

コンテナに貨物を詰め込むこと。反対にコンテナから貨物を取り出す事をデバンニング(Devanning)という。

企業が売掛債権をファクタリング会社に売却し、ファクタリング会社が企業に成り代わって売掛債権を回収する取引。ファクタリングの実施にあたっては、債権の売却者はその債権回収に対しての保証を行わないため、ファクタリング業者は支払代行者として、貸倒リスクを背負うことになる。企業はファクタリング会社に対して手数料を支払うか、割引売却する。ファクタリングを行う企業にとっては、債権の早期回収が図られ、手形割引と同様の資金効果をもたらす。ただし、手形割引の場合、貸倒リスク(不渡リスク)を債権の譲渡者が背負うが、ファクタリングはこのリスクがファクタリング業者に転嫁される。

FGP(Factory Gate Pricing)。直訳は「工場直渡し」。小売主導でメーカー工場から小売店頭までの物流を効率化しようとする動きの一つと位置付けられる。

船内荷役を行うステベの総指揮監督者をいう。船会社および本船一等航海士の指示に従い、積荷配置図を作成し、荷役作業全体を指揮監督する。

貨物利用運送事業者。荷主から貨物を預かり、他の業者の運送手段(船舶、航空、鉄道、貨物自動車など)を利用し運送する。一般的には貨物利用運送事業者のうち国際輸送を取扱う業者を指す。航空輸送を得意とする業者をエア・フレイト・フォワーダー(フォワーダー)、海上輸送を得意とする業者をNVOCC(非船舶運航業者、Non Vessel Operation Common Carrierの略、NVOCCと略されることもある)と呼ぶこともある。

特殊コンテナのひとつ。重量物を積載するために支柱や側壁を有さず、床板部のみにより構成されるコンテナ。通常のコンテナよりも最大積載重量が大きなものが多い。

特殊コンテナのひとつ。ドライコンテナのように密閉されておらず、天井や側壁を持たないコンテナ。

陳列棚の棚割計画のこと。商品の位置で売上高、総利益率が変化するため、最適な陳列について決める計画。「棚割りシステム」などとも呼ばれ、棚割によって最大限の収益を生み出すための陳列組み合わせを探り出すことである。具体的には商品のブランド力、包装形態やパッケージの色などを組み合わせることで消費者の購買を促進するものである。

CYやCFSで、貨物やコンテナが引き取り可能となってから、Demurrage(保管料)の支払いが免除される一定期間のこと。この期間を過ぎるとDemurrageが発生する。

自社製品の競争ポジション,収益性,キャッシュ・フロー(資金流入)の可能性を多角的・総合的に検討することによって,有望な投資機会のある製品,投資に必要な資金を生み出す製品,排除した方がよい製品などを明らかにし,適切な資金配分政策をとりながら,改良された,より均衡のとれた製品ポートフォリオ(ファイル)を決定する。

調達(procurement)とロジスティクスを合わせたという意味。米国H.E.Buttという流通業(ECRのベストプラクティスといわれている会社)の造語。H.E.Butt社では、過去にロジスティクス+調達のプロキスティクス部門、マーケティング+ストアオペレーションのリテイリング部門という体制だったという。その後、マーケティングと調達を合わせたカテゴリーマネジメント部門に変更している。

言葉の意味はBestの上をいく、ということ。システム作りにおいて、同一ERPベンダーのパッケージで統一するより、それぞれの機能でもっとも優れていると判断したもの(Best of Breed)を組み合わせてること。

BEST PRACTICE。先進企業の成功事例、あるいは世界で最も優れていると考えられる業務プロセス/業務推進の方法/ビジネスノウハウを指し、自社の業務改革の目標となる最高水準の状態を指す。効率的に業務改革を進めるためには、適切なベストプラクティスを選ぶことが重要で、ベストプラクティスを探すためにはベンチマーキングを行う。

納入業者に発注業務を委託すること。仕入者が販売(使用)情報と在庫の量を納入業者に伝え、その情報を基に在庫の補充量を算出し、出荷を指示する。仕入者は発注業務をしない。

経営の抜本的改革を進めるため、プロセスからベスト・プラクティス(最高の実践方法)を探り、それに向かって自社のプロセスを変革していくという手法。製品、サービス、プロセス、慣行を継続的に測定し、パフォーマンスの良い競合他社やその他の優良企業のパフォーマンスと比較する。測定する尺度は顧客による企業のパフォーマンスの評価に直接、間接的に影響を与えるものでなければならない。

商品の売価で期末棚卸を行い、これに原価率を乗じて期末棚卸高を算出する方法。主に、棚卸資産を売価でのみ把握している小売業で用いられている。

(1)国内に住所を有しない個人または法人。(2)国内に住所を有せず、かつ現在まで引き続き1年以上住所を持たない個人または法人。よって海外に転勤する場合(海外で1年以上勤務する場合)や、海外に居住する場合には非居住者となる。

2003年4月1日の関税法改訂で、非居住者でも通関事業者を介することで通関ができるようになった。 これにより、日本に輸入する貨物の貿易取引条件にDDPを選べるようになった。

中近東向け本船が、イスラエルおよびその支援国港には寄港しないという証明書。

Real Estate Investment Trustの略で、不動産を主な運用対象とする投資信託。ロジスティクスにおいては物流センターのオフバランス化、建設時の資金調達などの方法として荷主企業、物流業双方から注目されている。

国際輸送で、複数の異なった運送手段を組み合わせ、単一の複合運送人が単一の運送契約のもと、最終目的地まで一貫して輸送サービスをすること。

受発注、ピッキング実績、欠品、欠品按分、入荷予定、入荷確定などの各物流関係データを自動的に送信するシステム。

物流効率化のために用途に応じて、必要な情報とバーコードを印刷し、ダンボールやオリコンなどに貼付する。一部には標準仕様の定められているものもあるが、現状は、取引先毎にバラバラな様式となっているのが現実である。

物流改革の推進、環境負荷の低減、地域活性化を目的とした、物流事業規制の許可の特例、中小企業業者の資金調達の円滑化等の支援措置を講じるための法律。

貨物自動車運送事業法、貨物運送取扱事業法、鉄道事業法の3つ。

それまで所管官庁別に展開されていた物流施策を見直して、物流に係るエネルギー問題や環境問題への対応も視野に入れ、トラック輸送の効率化や内航海運・鉄道の利用促進等を通じて、経済構造の変革と創造を盛り込んだ大綱。

貨物保険条件のひとつで、、全損、沈没・座礁・大火災・衝突以外の事故による分損、貨物墜落による一個ごとの全損、共同海損による損害等が補償される。分損担保より広範な担保条件はオール・リスク担保。

貨物海上保険の担保条件の一つで、てん補される損害の範囲は、全損のみ担保と分損担保の中間にある。 本条件によるてん補範囲は、1、全損 2、特定の事故(沈没・座礁・火災・衝突)による分損 3、共同海損分担額 4、救助費 5、荷役中の貨物の墜落による一個ごとの全損。 分損担保条件では特定事故以外による分損(航海中の潮濡れ等)がてん補されるが、本条件ではてん補されない。

節税や人件費削減のために、船籍を外国において登録した船舶のこと。

冷蔵室の保管温度については倉庫業法施行規則19条にて定められている。

外国貨物を保税のまま一時保留する地域。

輸入原材料を保税の状態で生産加工できる工場で、委託加工貿易に利用されている。民間の工場も所属税関長の許可を得て指定することができる。

外国貨物を保税のまま積卸し、運搬、一時蔵置のできる場所として、特定の企業または個人に対して税関長が許可した場所。

外国貨物を保税のまま置くことができる場所として、関税法の規定に基づき税関長が許可した倉庫。

外国貨物を保税の状態で蔵置できる場所。期間は原則として3ヶ月間、承認を受けると3ヵ年まで。

外国貨物を保税の状態で蔵置できる場所。期間は原則として3ヶ月間、承認を受けると3ヵ年まで。

関税の徴収が一時保留されることを保税といい、保税の輸出入貨物を蔵置または加工・製造、展示等をすることができる特定の場所のこと。

博覧会や見本市などのための品物を、外貨のまま、手入れ、蔵置、展示できる場所として、申請に基づいて税関長が許可した場所のこと。

【中国】外国側が設備機械を提供し、中国側は製品を製造する。設備機械の輸入代金と製品の輸出代金は相殺される。

品物の輸送・保管中に、価値および状態を保護するために適切な、材料・容器などを物品に施す技術および施した状態。

外為法にもとづく輸出入の許可・承認申請がインターネットで行えるシステム。経済産業省が管轄している。

電子化された船荷証券。

納税申告が必要な貨物が納税申告されずに輸入された場合、税関長の決定により、本来納付すべき税金のほかに課せられる税金のこと。正当な理由があると認められた場合は課せられない。

INDEX
0-9  0-9
A-D A B C D
E-H E F G H
I-L I J K L
M-P M N O P
Q-T Q R S T
U-Z U V W X Y Z
あ-な  
は-わ

ジャパントラストとは 当社の特徴
VIDEO
JAPAN TRUST Service contents
サービスを詳しく知りたい方へ
企業理念を伝える映像
企業理念を知りたい方へ
JAPAN TRUST Promotional Video
弊社をもっと知りたい方へ
ページトップへ