無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り 航空貨物無料お見積り

大手消費財メーカーが中心となり、2000年に結成されたインターネット取引所。P&G、コカ・コーラ、ジレット、イーストマン・コダック等が加盟。

テクノスーパーライナー(techno super liner)は、旧運輸省が中心となって計画し、最新の船舶技術を使用して建造された高速船。

大型船の接岸離岸などの作業を手伝う全長約20m程度の小型船。小型だが馬力は大きく、大型船と接触して誘導する為、船体の周りに複数のタイヤが付いているのが特徴。

“貨物の船積み完了後、荷送人(輸出者)が荷受人(輸入者)に対して発行する書類の一つ。注文番号、品名、数量、金額、船名、出港日、B/L NO、など、船積みの明細が書かれている。

“貨物の船積み完了後、荷送人(輸出者)が荷受人(輸入者)に対して発行する書類の一つ。注文番号、品名、数量、金額、船名、出港日、B/L NO、など、船積みの明細が書かれている。

SAS 70SASは Statement on Auditing Standards の略。AICPA(American Institute of Certified Public Accountants:米国公認会計士協会)の取り決めた監査基準で国際的にも認められている。

Scan-Based Trading。店頭の在庫はサプライヤーの所有権のままとみなし、販売した時点で所有権が小売から消費者に移るというもの。日本でいう消化仕入れと非常に類似。ただし、POSデータの共有が前提条件となっている。

Standard Carrier Alpha Code。スキャックコード。米国における運送会社識別コード。ジャパントラストは、JAPT。

Supply Chain Event Management。受注から納品までの出庫、積み込み、輸送、積み替え、到着などの各工程における状態(未着、実施中、終了済など)を把握し、計画どおりに進んでいるかを管理すること。

Supply Chain Finance。 サプライチェーンにおけるお金の流れを指す。EIPP、事業者の提供サービスには在庫担保融資、国際輸送に関わるものでは電子船荷証券、海上運送状、不動産投資証券などがある。

“Supply Chain Intelligence。サプライチェーンの戦略計画を強化しようという考え、またそれを支援するパッケージ群を指す。

Supply Chain Management:サプライチェーン・マネジメント。 物流システムを一つの企業の内部に限定することなく、複数の企業間で統合的な物流システムを構築し、経営の成果を上げるためのマネジメントのこと。なお、この場合の「複数の企業間」とは旧来の親会社・子会社のような企業グループ内での関係に限定せず、全く対等な企業間で構築される物流システムもサプライチェーン・マネジメントと呼ばれる。

バラ出荷される際、納品する箱に付ける識別ラベル。納品先には予めASN(Advanced Shipping Notice:事前出荷明細送付)で箱識別番号と箱毎の明細をEDIで送付しておく。

Supply Chain Operation Reference Model。 サプライチェーン・マネジメントを導入する際に、共通の認識のもとで検討するためのビジネス・プロセス・リファレンス・モデル。 全体プロセスをトップレベル、コンフィギュレーションレベル、エレメントレベルと3段階にブレークダウンし、それぞれのレベルでのプロセスおよびそのフローを定義することにより、SCM導入の容易化を目指している。

Supply-chain Planning。 物流システムを一つの企業の内部に限定することなく、複数の企業間で統合的な物流システムを構築し、経営の成果を上げるためのソフト。なお、この場合の「複数の企業間」とは旧来の親会社・子会社のような企業グループ内での関係に限定せず、全く対等な企業間で使われる。川下から入手したPOSデータ等の需要情報をもとに、需要予測を行い、生産、配送等各種計画の修正に繋げることを目的としたソフトウェアの総称。

貨物の受領書と運送引受条件記載書を兼ね備えたもの。この点ではB/Lと同じ。また表面の記載事項欄もB/Lと同じ。しかし、B/Lと違い、WAYBILLは有価証券ではないため、裏書き譲渡は不可能。荷渡しの際には、WAYBILLの呈示とは関係なく、貨物を受け取りに来た人がWAYBILLに記載されたCONSIGNEE(荷受人)であることが確認されてから、貨物が引き渡される。したがって、WAYBILLは必ず記名式であり、指図式では発行されない。

Serialized GLN。RFID用のGLN。SGLN-64は64ビットのタグ用。SGLN-96は96ビットのタグ用。

Serialized GTIN: SGTINシリアライズド。 RFID用のGTIN。64ビット用(SGTIN-64)、96ビット用(SGTIN-96)がある。
海貨業者と船社または船舶代理店間の情報システムにPOLINETがあり、SHIPNETSはこの元になるシステム。

シッピングマーク。貨物の梱包や容器上に表記されているもので、荷主又は荷受人や積地、仕向け地、貨物の番号、原産地等などの情報が記載されていることが多い。

貨物がコンテナ内で動かないように、木材や角材などを使って固定すること。

Standard Interchange Language 。米国食品流通小売システムグループ(Food Distribution Retail Systems Group :FDRSG)の取り決めた流通用のコンピュータ-アプリケーション間スタンダード。

Simple e-business。EAN.UCCで取り決めた電子データ交換の一種。

裸でコンテナに積載できない貨物に使われる梱包方法の一つ。貨物の下に角材などでゲタをはかせる様式。貨物を保護するものがないため、コンテナ内の積み付けには十分な配慮が必要。

“Servce Level Agreement :サービスレベル アグリーメント。IT企業が情報システムや通信サービスなどを提供する際、どのくらいの品質のサービスを提供できるか、利用者に対して事前に提示する。これを、サービスレベルという。 そして、サービス提供者側と利用者側で同意した内容が、サービスレベルアグリーメント。略して SLA と書くことが多い。

Siberian Land Bridge: シベリアランドブリッジ。 シベリア鉄道を利用して日本から欧州へ、あるいは中近東向けに開発された輸送方式である。

スロッティング。倉庫での製品を保管する位置を決めること。

Single Minute Exchange of Die:シングル段取り。トヨタが行った段取り替えを短時間で行おうという生産改善運動。金型(Die)の変更には通常1~2時間必要だったが、それを数分台(Single minute)に改善しようというということから、この名称がつけられた。現在では日本のみではなく海外も、金型交換だけではなく組立て型・プロセス型生産の各所の段取り替え改善、またソフト開発など物理的なモノ以外の生産へも、このSMED(シングル段取り)の考え方が用いられている。

Supplier Managed Inventory。サプライヤ主導型在庫管理。

湾エイサーのスタン・シー会長がパソコンの各製造過程での付加価値の特徴を述べたのが始まり。付加価値を製造過程の流れに沿って図示すると人が笑った口のような形になることから「スマイルカーブ」と呼ばれている。 つまり、川上の開発や川下のアフターサービスなどの付加価値が高くなり、中流の製造・ものづくりの過程で付加価値が最も少なくなるということ。

1912年のタイタニック号海難事故を受けて制定された、船舶の安全確保を目的とする国際条約であるが、2001年米国同時多発テロを契機に2002年に改正が行われ、テロ対策として港湾関連施設(港頭地区の倉庫など)についても、侵入防止などの保安対策を強化することが義務付けられた。

【米国】SOX法(Sarbanes-Oxley Act:サーベンス・オクスリー法、企業改革法)。上場会社に対して会計の信頼性を確保するための内部統制(Internal Control)を定めた法律(2002年7月末に成立)。正確には「U. S. Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002」。財務情報、および財務情報を作ったプロセスの正当性を保障するための各種条件を定めたもの。

Special Purpose Companey:特定目的会社。特定の不動産の流動化計画に基づき、それのみを対象として株式や債券を発行する投資法人ではない会社。

Suspended Particulate Matter:浮遊粒子状物質。

Suggested Retail Price:希望小売価格。

航海上発生する事故を四つに分けたもの。Sinking(沈没)、Stranding(座礁)、Burning(大火災)、Collision(衝突)。

Shared Service Center。同一企業内でほぼ同じ業務を分散して行うより、それらの業務をまとめて行うようにすればさまざまな効果を生む可能性がある。社内でそのような業務について集中化、各部門に提供するようにすることをシェアードサービス化といい、サービスを提供する部門をシェアードサービスセンター(SSC)という。

Serialized Shipping Container Code:連続出荷コンテナコード。国内および国際間取引における物流単位(パレット、ケース、カートン等)を識別するための国際標準のコードで、GS1(EAN.UCC)が規定している。

Shipment Status Message。輸送中の貨物がどの段階(日本の通関、船への積み込み、着港、海外の通関、トラック積み、到着、など)にあるのかを通知するメッセージ。

Inventory Stock Financing:在庫担保融資。企業の抱える在庫を担保に、低金利で資金を融資すること。動産担保融資の一種。

棚卸。

Settlement Utility for managing Risk and Finance。BOLEROの提供する自動決済サービス。BOLERO – 銀行間の情報交換を完全に自動化し、商談から決済までの貿易業務を自動連動処理する。

Resource Based Viewの略称。競争優位の源泉を企業の内部資源に求めるというバーニーの戦略論。企業が自らの力でコントロールできる競争優位は、オールドエコノミーもニューエコノミーも代わることはない。

Regional Distribution Centerの略称で、地域配送センター。小規模な商圏を対象としている。

Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals (化学物質の登録、評価、認可と制限)。EU(欧州連合)による化学物質管理規則。年間1トン以上の化学物質を製造・輸入する業者に安全性評価データの登録を義務づけている。リーチ規則。リーチ法。

コンテナの一種で、肉、魚、野菜、果物その他の冷凍(冷蔵)貨物を輸送するため冷凍機が内臓されているコンテナのこと。

Real Estate Investment Trust(不動産投資証券)の略称で、不動産を証券化するもの。ロジスティクスにおいては物流センターのオフバランス化、建設時の資金調達などの方法として荷主企業、物流業双方から注目されている。

イーマーケットプレイスの一つで、ウォルマートが主催。1991年に稼動。要は入札サイトであるが、そればかりではなく、調達先との販売動向、在庫状況など各種情報の提供も行っている。日本ではウォルマート陣営に入った西友が加盟を表明している。

別称 ICタグ、RFID(Radio Frequency Identification)。物を自動識別する目的で作られた非接触型IC。製品番号や車両番号などを記憶させ、予め決めた地点を通過するとその情報が読み取れるようにする。

Request for Proposal(提案要請書)の略称。情報システム構築時や、物流システム再編計画時に、複数の入札候補事業者に対して出される。入札の公平性を期すためには、すべての入札候補事業者に対して同じ情報を提供することが必要になり、RFPを書面化することが望まれる。

Retailler-Managed Inventory。小売がベンダーの決定した発注量を承認する権限をもつベンダー管理方式 (納入業者に発注業務を委託すること。仕入者が販売情報と在庫の量を納入業者に伝え、その情報を基に在庫の補充量を算出し、出荷を指示する。仕入者は発注業務をしない。)

RosettaNet Implementation Framework。ロゼッタネットで定めている企業間取引の実行環境の定義。通信プロトコル、デジタル署名、印象など、必要な技術要件を規定している。

「乗り込んで、降りる」と言う意味を持ち、船の中にトレーラーが自走して乗り込むことが可能な構造となっており、クレーンを使わずに直接貨物の積み降ろしが出来る船のこと。このため、貨物の大量輸送と荷役作業の効率化が図られ、物流コストを軽減することが可能。 また、RORO船と同様に、トラックやトレーラーなどが直接出入りできる船としてカーフェリーがあるが、フェリーは旅客と貨物を輸送するのに対して、RORO船は貨物のみを輸送するという違いがある。

“Return on Asset:総資本回転率。 企業の業績評価指標の一つ。事業年度において、企業が総資本をどの程度効率的に活用しているかをみるもの。

ロードプライシング 。 交通渋滞や大気汚染の著しい地域に入る自動車に課金することにより、車の走行量を減らし、渋滞を緩和、大気環境を改善することを目指す制度。

ロビンソン-パットマン法。米国の反トラスト法(Antitrust legislation)の一部。日本の独占禁止法に相応する。

RoHS 指令。RoHSは Ristriction of the use of certain Hazardous Substances の略で、日本語訳は「電気電子機器に含まれる有害物質の使用制限に関する指令」。欧州における環境規制の一つであり、EUが各国に対し法整備を行うように出した指令(directive)。

Return on Investment: 投資利益率 / 投資収益率 / 投資回収率。 投下した資本がどれだけの利益を生んでいるのかを測る際に使われる基本的な指標。企業の収益力や事業における投下資本の運用効率を示す。ROIが大きいほど収益性に優れた投資案件ということになる。

Return on invested capital: 投下資本利益率。経営効率の評価指標。

Roll On Roll Off Ship(ロールオンロールオフ船)。「乗り込んで、降りる」と言う意味を持ち、船の中にトレーラーが自走して乗り込むことが可能な構造となっており、クレーンを使わずに直接貨物の積み降ろしが出来る船のこと。このため、貨物の大量輸送と荷役作業の効率化が図られ、物流コストを軽減することが可能。 また、RORO船と同様に、トラックやトレーラーなどが直接出入りできる船としてカーフェリーがあるが、フェリーは旅客と貨物を輸送するのに対して、RORO船は貨物のみを輸送するという違いがある。

ロゼッタネット。電子業界、IT業界、セミコンダクター製造業、通信業界が中心となって、電子工業品について活動している標準化団体。1998年4月設立。データ交換プロトコル、コード標準等を制定している。

マーケットレートが海上運賃タリフ(tariff)を下回った場合は、マーケットレートを引き上げて本来適用されるべきTariffに近づけると言う意味と、以前のレベルから下がってしまったマーケットレートを元のレベルに引き上げると言う、二つの意味で使用されている。

Reduced Space Symbology。UCC/EANにおいて、現状におけるバーコード標準の課題解決のために制定された新しい標準。バーコードのスペースが足りない、GTINに対応できるバーコード標準が必要などの目的で作られた。

RSSそのものは1次元のバーコードだが、2次元シンボルを組み合わせたスタック型のものをConposite Component(CC)、またはRSS/CS(RSS Composite Symbology)という。このRSS/CSはUCC/EANが個装段階でのトレーサビリティのための標準シンボルと規定している。

Quality assurance number(品質保証番号)の略称で、キュービーがトレーサビリティに使用しているコードの一つ。製造時間と機械の番号がアルファベット化されたもの。

Quick Responseの略称で、アパレル産業を中心に行っているサプライチェーン管理(SCM)活動。国内生産の衣料品のローコスト化実現のためにスタートした。

Quick Responseコードの略称で、二次元コードのこと。横方向のみに情報を持つバーコードに比べ、縦横に情報を有するためより多くの情報をより少ない面積に保有出来る。製品コードの桁数の多い部品、貼り付ける面積の少ない文房具の製品管理に利用されている他、伝票に記載内容の大半をコード化したものを載せて情報入力の簡素化を図っている事例も見られる。

船舶事故等の際、荷主が単独に負担すべき損害のうち全損でないもので、共同海損でないものをいう。

Project & Program Management for Enterprise Innovationの略称で、日本で考案されたプロジェクト管理標準ガイドのこと。特定非営利活動法人プロジェクトマネジメント資格認定センターが、これに準拠した経済産業省推奨国家資格を出している。

パッケージごとに品名、個数、重量、Shipping Markなどを記載する。数量が少ない場合はInvoiceで兼用し、作成されない事もある。

INDEX
0-9  0-9
A-D A B C D
E-H E F G H
I-L I J K L
M-P M N O P
Q-T Q R S T
U-Z U V W X Y Z
あ-な  
は-わ

« 前のページ | 次のページ »

ジャパントラストとは 当社の特徴
VIDEO
JAPAN TRUST Service contents
サービスを詳しく知りたい方へ
企業理念を伝える映像
企業理念を知りたい方へ
JAPAN TRUST Promotional Video
弊社をもっと知りたい方へ
ページトップへ