無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り テキストダウンロード
 
海上貨物無料お見積り
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
ジャパトラブログ

ジャパトラブログ

HOME > ジャパトラブログ

2014年12月19日

【新幹線Story Vol,12】変化・進化 止まらない駅のインフラ整備 (久瀬)

気づけば今年も残りわずかですね・・・
私のブログもおそらく今年は最後になります。
お客様の所に訪問すると、『ブログ見たよ!』、『初めて知った!』などなど
本当にたくさんのお客様に見て頂きました。
改めまして本年も私が担当するお客様にはお世話になりました。

では、今年最後のブログは『新幹線』で終わりたいと思います。
皆様ご存知の通り、私にとって新幹線はなくてはならない移動手段です。

今回は新幹線のの話です。
最近は駅もどんどん変わり、スタイリッシュな感じや複合ビルを含めた感じだったり
様々な形で日本各地のお客様、海外のお客様をお出迎えしてくれます。

【喫煙スペース】
全駅ではないですが、主要な駅はこのような喫煙ルームになっています。
今はたばこを吸う人も少なくなり、このような形で分煙化されています。

ホーム上構造(名古屋駅)や駅構内構造(新大阪駅)など駅によって様々です。

地方に行けばいくほどまだ整備はされていませんが、
いつの日かこのような形で整備されると思います。

【ホームドア】
着々と駅に取り付けられているのが、このホームドアです。
これはお客様の線路上への転落を防ぐ、いわば安全ガードです。
特に乗客の多い駅には設置されているようです。
 ホームドアの開閉時にかわいいメロディが鳴るのもいいですね♪
(メロディは駅によって異なります、これも楽しみの一つです)

新幹線の構造上、乗り降りドアが各車輌固定な為、設置がしやすい利点があります。
しかし、在来線は車輌の新旧によってドアの箇所が異なったり等で、現段階ではなかなか設置できないのが難点です。
まだまだ鉄柵上の安全ガードも各駅に点在しますが、喫煙スペース同様、いつの日か整備されると思います。

車輌も駅もサービスも進化・変化が止まらない日本の鉄道。
特に海外のお客様や出張サラリーマンが多く利用する新幹線の進化は本当に目ざましいものがあると思います。

これからも利用者を楽しませて欲しいですね・・・・

今年最後の僕からの言葉ですが、僕は『オタク』ではありません。
何卒、宜しくお願い致します。

では、また来年お会いしましょう!

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2014年12月16日

名古屋忘年会(前田)

ご無沙汰しております。名古屋の前田です。

先週末、名古屋では初雪が降りました。東京でも降ったようで、冬の寒さも増
し、年末も近づいて参りましたが如何お過ごしでしょうか。

弊社内は北米航路の改正やロス港の混雑の影響を受け、
昨年末よりも心なしか賑わっております(+_+)

仕事の話はさておき、
東京の高橋が東京支店の忘年会をブログにアップしていたので、
今回は名古屋の忘年会の模様もお伝えしたいと思います。

名古屋は夜景が一望できるお店で中華料理を堪能しました。

皆、席を移動したり話題につきない楽しい忘年会になりました。
 
なんだか男女比のバランスの悪いテーブルもありました。
弊社の営業部は年末シーズンは忘年会ラッシュで大忙しですが、
体調管理には気を付けて、良い年を迎えれますよう、
残りの数週間頑張っていきたいと思います!

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2014年12月15日

竹の寺&江ノ電(浜田)

 

竹林が有名で竹の寺とも言われている鎌倉にある『報国寺』に行ってきました。
報国寺は足利氏、上杉氏の菩薩時として1334年に建立されたお寺になりますが、
竹の庭という門をくぐると、たくさんの竹に囲まれた石の道があり
奥に進んでいくと、休耕庵という茶席があります。
お茶をいただきながら一服。竹の力強さを感じたひとときでした。

写真では分かりづらいですが、茶席は外なので寒かったです。。。
季節が良ければ最高です!

おまけでクリスマスバージョンの江ノ電。方向幕を見てください。
あと、前回のブログに載せたコーヒーミルをやっと買いました。


 

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2014年12月10日

ご当地カレー (臼井)

久しぶりの登場となります。臼井です。

早いものでもう年末ですが、1年を振返ってみると
特に今年は日本全国各地へ営業で出張をさせていただきました。

スマホの写真フォルダに何かブログのネタになるものがないかと
スクロールさせているとある共通点を発見しました。

それは誰もが大好きな「カレー」です。

私は、辛口が苦手で甘口しか頼まない派なのですが、
某牛丼チェーンに言っても「牛あいがけカレー」を頼んでしまうほどカレー党です。

カレーの話しは「隠し味に何を入れるか」とか「生卵を入れるのは邪道か?」など
話しが広がりすぎてしまうので、今回は「ご当地カレー」にスポットを当てたいと思います。

最近は地域の特産品を具にするなど郷土色が豊かな「ご当地カレー」が人気を呼んでいるようです。

今年、私が出張先で食べたご当地カレーは以下の3つです。
仕事の関係上、港のある地域のカレーです。

●清水もつカレー(静岡)
食感のいいもつをカレーで煮込んだもの。甘口・辛口の味付けや具などのスタイルは店舗によって様々。
およそ60年前に考案された。串焼きスタイルから始まり、煮込み系、鍋系、黒カレー、白カレーと、
現在も進化を続けている。今では清水の居酒屋定番メニューで、地元のソウルフードとなっている。
また昨今のもつカレーブームにより、清水の居酒屋に根づく文化や気風の再発見にもつながっている。

●よこすか海軍カレー(神奈川)
明治41年にイギリス海軍より日本海軍に伝えられたレシピをもとに現代に復元したカレーです。
横須賀では原則的なルールを守った上で、各店舗では特徴を生かした味の海軍カレーを提供しており、
27店のカレーが「よこすか海軍カレー」として認定されています。
カレーの街よこすかでは、栄養バランスを考慮し、サラダと牛乳を必ず添えることが提供の際のルールとなっています。

●門司焼きカレー(福岡)
明治から戦前にかけて国際貿易港として繁栄した門司港では、洋食文化がいち早く発達したことから、
「焼きカレー」といったハイカラメニューが誕生し、手軽に作ることができたため家庭料理としても
広まっていった。 現在でも30店舗以上のお店で焼きカレーが提供され、門司港の名物料理として
親しまれ「焼きカレーMAP」が作成されるほどご当地グルメとして定着している。

どのカレーも地域の特色を出していて、町おこしなど活性化にも一躍買っていると感じました。

まだまだ自分も知らないご当地カレーが全国にあるようなので、地元のカレーなど
調べてみるのも面白いかもしれません。
http://gurutabi.gnavi.co.jp/gourmet/1/102/1007/

また47都道府県のご当地レトルトカレーを買うことの出来るお店もあるようなので参考までに。
http://www.g-curry.jp/

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2014年12月09日

東京支店忘年会 (高橋)

日に日に寒さが増しておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ジャパントラスト東京支店は11月下旬に忘年会を実施致しました。

六本木のけやき坂にあるステーキハウスで350gのお肉を食べたり、
2次会は星空の元ワインを飲んだりと楽しい忘年会をする事ができました。
(アメフト部の弊社新入社員は合計1kg近くの肉を食べ、苦しそうでした。)

普段、社内での飲み会がほとんどないので、
こういった機会は非常に貴重で色々な話をする事ができました。

そして3次会はカラオケに行き、気づけば午前3時近く・・・
六本木の街はまだまだ人であふれていました。 
眠らない街六本木・・・さすが東京です。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


カレンダー
2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ