無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り テキストダウンロード
 
海上貨物無料お見積り
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
ジャパトラブログ

ジャパトラブログ

HOME > ジャパトラブログ

2019年01月30日

コラム/最適物流の科学②

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第二回となる今回は、第1章に書かれた商船の歴史とその種類についてご紹介していきます。

——————————————————————————————————–

「コンテナ船」

コンテナ船の甲板上に目を移すと、何段ものコンテナが積み上げられている様子がわかります。積載されたコンテナは、赤や青、緑など実にカラフルです。ただしコンテナの規格はほぼ統一されており、これはさまざまな積荷を効率的に輸送するための重要なルールとなっています。この点については四章でも詳しく紹介します。

 

さらにもう一点を挙げると、ACXクリスタルの船名が報じられた時、「フィリピン船籍」という情報もあわせて伝えられました。

 

このコンテナ船を運航しているのは日本の大手船会社ですが船籍はフィリピンとなっています。乗務員も20人全員がフィリピン国籍の方々でした。現在、日本の海運を担う船舶の多くは外国船籍で占められていて、多国籍な実情がうかがえます。

 

外航海運を担う日本商船隊(日本の外航海運会社が運航する商船)のうち、外国船籍は実に九割以上を占めており、国の垣根を越えた協業が日本の海運業の一つの顔といえるのです。この点についても後の章でさらに触れて参ります。

 

 

「海路の混雑状況も一目瞭然に」

 

コンテナ船に注目すると、前述のような海上輸送に関するさまざまな事実が見えてきますが、次はちょっと視点を変えて、コンテナ船を含む船舶の動きを俯瞰してみたいと思います。

 

インターネットでは、世界中の海を航行する船舶情報をリアルタイムで提供するサービスがあるのをご存知でしょうか。これらは「マリントラフィック(Marine Traffic)」、「シップファインダー(Shipfinder)」などのサービスが知られており、ネット上で無料公開されていることからパソコンやスマートフォンさえあれば、誰でも簡単に閲覧できます。

 

このネット上のツールを用いると、世界中で航行する膨大な隻数の船舶の運行状況がひと目で把握できます。実際に海上のどの地域間を船が通っているのかを確認でき、これらのサービスにアクセスすると、船舶・貿易のプロではなくても興味深い情報に触れられるのが特長です。

 

そして同サービスは単に船舶が運行する様子を眺めるためだけに存在するのではありません。船舶それぞれの種類や名称、位置、航行速度、目的地の港といった詳細な情報も提供されることからビジネスはもちろん、幅広い分野での活用が進んでいます。オンライン上で利用できる船舶航行情報は、船がAISを搭載し、運行情報を発信し続けることによって成り立っています。

 

なお、AISには周辺の船舶を識別し衝突を防ぐなど海上の安全運行を維持するという重要な目的があり、軍艦や漁船などでも用いられる他、義務付けられていない小型船舶においても搭載が推奨されています。

 

ところで、ネットサービスの地図上で船舶の位置情報を確認していくといろいろな状況が見えてきます。

お盆に高速道路が渋滞するように、海洋の交通にも航路上で船舶が密集する現象が起きているのです。特に沿岸部や海峡ではその傾向が顕著といえます。広大な海洋のフィールドにおいても、船が運航するルートは思いのほか限定されているのです。例えば、日本列島近辺をズームインして眺めてみると、その密集状況には驚かされます。

 

船舶が多く集まるエリアでは、船同士の接触事故の危険性が高まり、船舶の安全運行上で第一に考慮しなければならないリスクとなっています。残念ながら、先に挙げたような人命に関わる事故も現実に発生しており、海上での船舶衝突は海運業界ではもちろん、世界中の国々が手を携えて解決しなければならない問題ともいえるのです。

 

「商船の登場と現代におけるその種類」 

 

ここまでコンテナ船を中心に船舶の大きさや動きなどについて見てきましたが、海運を担っているのはもちろんコンテナ船だけではありません。コンテナ船は、あくまでも商船の一種です。ここで、商船全般について確認しておきたいと思います。

 

海運の起源は古く、紀元前まで遡ります。その中で初めて商船を軍船と区別して扱ったのは、地中海沿岸で栄えたフェニキア人(最盛期:紀元前一二~六世紀頃)だといわれています。以後、商船は時代とともに進化を遂げていきました。

 

現在、商船は貨物・旅客の運送などを行なう船舶と定義され、利用目的によって旅客船・貨客船・貨物船などに大分類されます。

 

まず旅客船はその名の通り、旅客の輸送に使用されるものです。我が国でも航空機が発達する前は、太平洋航路や欧州航路など世界各地に向けて旅客船が就航していました。現在では飛鳥のようなクルーズ船が旅客船の代表格のようになっています。

 

次に貨客船は、貨物と旅客の輸送を同時に行なう船を指します。クルマと旅客を運ぶカーフェリーが代表的なものです。

 

三つ目の貨物船は、その名の通り貨物を運ぶものですが、貨物の種類によっていくつもの形態に分けることができます。

 

①一般貨物船

在来貨物船とも呼ばれる、もっともオーソドックスなタイプの貨物船で、機械、食料品、衣類など多種多様のばら積み貨物を運びます。搭載する貨物の種類が幅広いため、汎用性の高い構造になっています。

中には、コンテナを積むことができる多目的船もあります。

 

②コンテナ船

国際標準化機構(ISO)によって定められた規格のコンテナを専門に運ぶ船です。コンテナの種類には一般的なドライ・コンテナだけでなく、冷凍コンテナやタンク・コンテナなどの特殊コンテナがあります。

またドライ・コンテナのサイズには、20フィート(長さ約6m×幅約2.4m×高さ約2.6m)、40フィート(長さ約12m×幅約2.4m×高さ約2.6m)、40フィートハイキューブ(長さ約12m×幅約2.4m×高さ約2.9m)の3つがあります。

 

このコンテナ船には、コンテナだけを運ぶフルコンテナ船と、一般貨物も積むことができるセミコンテナ船があります。

 

③専用船

特定の貨物を運ぶことに特化した船で、種類は多岐にわたります。代表的なものは液体の輸送をするタンカーで、この中には原油を運ぶ原油タンカー、液化石油ガス(LPG)を運ぶLPGタンカー、液化天然ガス(LNG)を運ぶLNGタンカー、化学薬品を運ぶケミカルタンカーがあります。

その他にも、石炭、鉱石、穀物などをばら積みするばら積み専用船、自動車を輸送する自動車運搬船、大型機械などの重量物を運ぶ重量物運搬船など多様な専用船があります。トレーラーをまるごと運ぶRORO船なども専用船の範疇に入れていいでしょう。

 

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、日本の貿易について、ご紹介したいと思います。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


カレンダー
2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ