海運なくして貿易は成り立たない。
その言葉は、決して大げさではない。
自動車パーツも、食品も、イベントも。世界中で“何か”が必要とされる限り、
男はどこまでも続く広い大海原を越え、あらゆるモノを運び続ける。

JAPATRU DIVE 01

たとえば「A地点からB地点にモノを運びたい」というお客様の要望を、飛行機や船、トラックなど、あらゆる輸送手段を駆使して実現する。それが私たちの仕事です。その際、大手企業は輸送に不可欠な“ハード(船、トラック、倉庫など)”を自社で保有しているのが一般的。しかし、ジャパントラストはそれらを保有していません。逆に輸送手段における一切の制限がないことを強みにして、お客様の相談や依頼に合わせて1件1件オーダーメイドによる輸送提案を行っています。「貨物の旅行代理店」と言えば、わかりやすいかもしれませんね。 そのため、ジャパントラストでは扱う商材も実にさまざまです。自動車パーツをメインに、たとえばユネスコ無形文化遺産にも登録された和食(日本食)人気の高まりを受け、魚・調味料・お酒など、近年は日本スーパーに並ぶ食品輸送が急増中。また私自身、過去には日本の伝統芸能である「能・狂言」の舞台設備を南米へ運んだこともあります。

JAPATRU DIVE 02

現在、私は外勤営業を担当しています。荷主と打ち合わせをして、仕入れた情報をもとに最適な輸送提案を行い、成約へとつなげる仕事です。もちろん成約をとって終わりではありません。輸送中の貨物チェックはもちろん、たとえば日本側でどこまで面倒をみるか、向け地でどこまでやるかなど、貿易条件に伴う契約履行までを担っています。 当然、輸送にはトラブルが付きものです。時にはサイバーテロを受けて船が接続できないことや、悪天候で期日に間に合わないことも。以前も、冷凍の大学芋を作っている会社がニューヨークでイベントをやることになったのですが、トラブルで会期に間に合わず、料金を回収できないことがありました。綿密に段取りをしても、不可抗力のトラブルが発生しうるのです。改めて輸送提案の難しさを痛感する瞬間ですね。でも、やるしかない。そんな切羽詰まった状況では、不眠不休で対応することもあります。決して楽な仕事ではないかもしれません。でも、それを乗り越えたときの達成感が大きいのも確かです。自分が輸送に携わったものを目の当たりにすると、感慨深い気持ちになりますね。

JAPATRU DIVE 03

実は、前職は某航空会社の航空貨物部門にあたる会社で働いていました。主に航空輸出貨物を取り扱っていましたが、どちらかといえば事務方でパソコンと向き合う仕事。それが一転、ジャパントラストでは営業担当になり、自身を取り巻く環境は大きく変わりました。人と話す機会が増え、お客様とのやりとりの中で時には叱られたり、さまざまなトラブルに見舞われたり。しかし、そうした経験を重ねるうちに「これで死ぬわけじゃないし!」という、ある意味でポジティブな思考も身につきました。要は度胸がついたんですね。 前職は大手だったこともあり、決して個人の意見を言いやすい環境ではありませんでした。その点、少数精鋭のジャパントラストは自由度の高い環境です。誰でも意見提案が可能で、営業に限っていえば見積もりの決裁権も与えられています。良くも悪くも変化に富んだ、刺激が多い会社です。その分、責任も伴いますが、裏を返せば努力すれば夢を実現できるということ。私も「いずれは海外で活躍したい」という夢をかなえたいと思っています。

人生の先輩として、
学生に一言どうぞ

自分の夢をかなえられるかどうかは、大学3~4年にかけての努力で大きく変化します。
私も夢の実現に向けて、大学時代には単位認定される交換留学を経験しましたが、
一方で必修科目の履修を忘れるミスをしました。結局、4年生の最後まで毎日大学に通うハメに。
努力は大切ですが、計画的な行動も大事ですよ。