無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り お役立ち資料ダウンロード

ジャパトラブログ

HOME > ジャパトラブログ

2019年06月12日

コラム/最適物流の化学⑳

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第二十回となる今回は、「海運の安全安心神話を検証する」というテーマでお話しいたします。

——————————————————————————————————–

「荷主の立場で勧めるのなら船会社?フォワーダー?」

 

フォワーダーが海上貨物の輸送を請け負っているとはいえ、実際のところ、多くの荷主は船会社との直接契約を望みます。その理由は、やはり船会社に対する安心感・信頼感にあります。

 

フォワーダーと比較すると、一般的に船会社は企業の規模が大きく、長い歴史を持ち、高い知名度があるというポイントがその根拠として挙げられます。船という大きな資産を持っていることも安心感・信頼感に繫がっているといえるでしょう。

 

それに対して、規模が小さく、歴史も知名度も大きな資産もない中小フォワーダーは明らかに見劣りします。加えて、船会社の方が情報収集力は高く、高度な業務システムを持っており、優秀な人材がたくさんいるというイメージを持たれることもあります。これもあながち間違いではないでしょう。ただ、こうした事実が本当の意味での安心・信頼に通じているとは限りません。

 

以下、あくまでも一般論とお断りした上で、前述の事実が安心感・信頼感にはならない理由を述べてみます。

 

まず、大企業だから絶対に安心と考えるのは一概に正しいとはいえません。後で述べる大手海運会社の韓進(ハンジン)海運の破綻がその象徴的な例ですが、他の業界でも突如、大企業が破綻に陥るケースは特に珍しい出来事ではないのは周知の事実です。

 

長い歴史があることも、企業の良し悪しを判断する基準とするには不十分です。時代を乗り越え経営を維持してきたという事実は信頼度を測る基準の一つにはなりますが、必ずしも必要な要素ではありません。

 

逆に歴史にあぐらをかくことで、経営が硬直化してしまう可能性もあるでしょう。積年により蓄積した経験や情報もやがて古くなります。過去の遺産に頼ることが、場合によっては変化への対応を妨げる足かせになりかねないともいえます。

 

知名度があるということは、その裏付けとして実績を持っている場合もありますが、必ずしもそうではありません。知名度に基づくイメージが、企業の実態と異なる場合もあるでしょう。

 

船という資産を有することは、それ自体が企業の力を示す基準になります。ただ、この大きな資産を有することはリスクになる場合もあります。船会社は、自社船にできるだけ多くの貨物を載せて運航させることが常に前提となるため、場合によっては荷主にとって最適なサービスを提供できない可能性も出てくるからです。

 

情報収集力や業務システムについては、大企業の方が秀でているのは確かでしょう。とはいえ、IT技

術やネットワークの拡充によって、中小企業であっても必要な情報を入手したり業務システムを構築したりする体制づくりは十分に可能です。

 

また企業の規模にかかわらず、いくら優れた情報やシステムが手元にあっても、それを効果的に運用できなければ意味はありません。

 

大手船会社に優秀な人材がいるのも事実です。しかし、必ずしもすべての現場に優秀な人材が配置されているとは限りません。さらに企業の規模が大きくなると社内の分業化も進み、そのため担当者が請け負っている業務の全体像を組織内で把握できていないケースもしばしば起こるようです。

 

ここまで船会社に対する一般的なイメージに疑問を呈すべく、あえて否定的な面を強調しました。これによって、フォワーダーの方が船会社よりも優れていると主張しているわけではありません。フォワーダーにも否定的に捉えられる側面はあります。ただ、船会社にせよフォワーダーにせよ、その内実を知らなければ信頼するに足るかどうかを見極められないことは確かです。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、「事故やトラブルのとき、対応はどう違う」というテーマでお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2019年06月05日

コラム/最適物流の化学⑲

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第十九回となる今回は、「フォワーダーと船会社はパートナー」というテーマでお話しいたします。

——————————————————————————————————–

「フォワーダーと船会社はパートナー」

 

フォワーダーは船を所有していません。対して、船会社は船を持っています。当然ながら、フォワーダーが貨物の輸送を請け負った場合、船会社に輸送を委託します。見方によっては、フォワーダーは船会社にお願いをして、スペースを分けてもらっていると思われる方もいるでしょう。企業の規模から考えても、船会社に比べてフォワーダーが小規模なのは事実です。しかし、これが船会社とフォワーダーの間に明確な上下関係があることを意味するわけではありません。

 

日本にまだ外航海運を担う商船が少なかった時代、荷主にとって船のスペース確保は悩みの種でした。荷主は貨物を海運輸送するため、限られた中からスペースを確保しようと、船会社に対して営業活動を行なっていました。船会社の立場がもっと強かった時代です。

 

しかし時代が進むにつれて商船の数が増え、かつ船体も大型化していき、その結果、貨物を積むスペースにも余裕が出てきました。輸送力が過剰になると荷主と船会社の立場は逆転します。今度は、船会社側にスペースを埋めるための営業活動が必要になってきます。

 

ビジネス上、船のスペースは在庫にすることができません。貨物が少なくガラガラの状態で出航すれば、それはそのまま損失となります。運賃を安くしてでもスペースを埋めようという力が働き、これが続くと船会社の経営が圧迫されていきます。

 

一方、船というハードを持たないフォワーダーは、船を所有するが故のリスクはありません。荷主からの依頼がなければ売上は減りますが、それがそのまま損失にはならないのです。もちろん、リスクはなくても、会社の売上を伸ばすにはハードに代わる卓越したソフトを持つ必要があります。それがなければ荷主に利用してもらえないのです。まず、フォワーダーは複数の船会社と関係を構築し、確保できるスペースをなるべく多く用意する必要があります。船がない代わりに、船会社との幅広いネットワークは欠かせません。これが荷主に多様なルートを提供できる強みとなります。自社船のスペースの範囲でのみ営業する船会社との大きな違いがここにあります。

 

他にも、安い価格を提示できる点も重要です。無闇に安くすれば当然利益を失いますが、多くの荷主が安い価格を望んでいることは事実です。スピード感も必要です。荷主の要望にいかに素早く対応するか、そうした機動力も求められます。早く正確な情報を入手し、的確に対応することも重要です。

これら以外にもポイントは多々ありますが、そうしたソフトをいかに高めていけるかはフォワーダーが生き残る上で必要不可欠な条件となるのです。

 

船会社にとってフォワーダーは、空いたスペースを埋める上で重要な役割を果たすパートナーとなります。フォワーダーは、各船会社との関係のみならず、荷主との関係においても船会社以上に広大なネットワークを構築しています。船会社が単独で直接荷主に営業をかけても限界がありますが、フォワーダーを使えばスペースが埋まる可能性が高まります。いわば営業のアウトソーシングです。

 

ハードに強みを持つ船会社とソフトに強みを持つフォワーダーがうまく協業することが、今後の海運業界の行末を占うカギとなってくるでしょう。これについては最終章にて詳しくご紹介させていただきます。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、「海運の安全安心神話を検証する」というテーマでお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


INFORMATION

海上貨物無料お見積り
海上輸送ノウハウ お役立ち情報が満載!
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
ジャパトラブログ
EPA/自由貿易 対比表作成サポート
カレンダー
2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ