無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り お役立ち資料ダウンロード

ジャパトラブログ"ニュース

HOME > ジャパトラブログ&ニュース

2022年08月09日

【確定】9月 JBAF料率のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、9月 JBAFの料率を添付のとおり確定致しましたのでご案内いたします。


ご不明な点等ございましたら、各営業担当者までお知らせ下さい。


お客様におかれましてはご理解・ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

敬具

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年07月29日

イーノさんのYoutubeチャンネルでジャパントラスト菅が対談

チャンネル登録者数は6万人を超える物流・貿易系Youtuber、イーノさんと弊社代表の菅が対談を行いました。



・Youtube – 【イーノさん】フォワーダー大学 / Logisticsはこちら
・登録者数6万人越え!英語版チャンネル【Logistics YouTuber】 IINO sanはこちら

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年07月28日

DOORデリバリー CHASSIS FEE 料率改定のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。
また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。


現地での混雑の影響により、9/1搬入分よりGREAT LUCKにてDOORデリバリーさせていただく際のCHASSIS費用が下記の通り変更させていただくこととなりました。
※3DAYSを超える場合は別途課徴させていただきます。


変更前
CHASSIS $40/CO/DAY MINIMUM 2DAYS

変更後 9/1搬入分~
CHASSIS $40/CO/DAY MINIMUM 3DAYS


ご不明な点等ございましたら、各営業担当者までお知らせ下さい。
お客様におかれましてはご理解・ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

敬具

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年07月19日

【訂正】アメリカ向け DO FEE 料率改定のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。
また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。


アメリカ向け DO FEE の料率を変更させていただきますのでご案内いたします。
日本側で支払いをされる場合は下記となります。
アメリカ側での支払いの場合は、ETA8/15から適用となります。


変更前(~8月14日搬入分):$65/BL
変更後(8月15日搬入分~):$95/BL


ご不明な点等ございましたら、各営業担当者までお知らせ下さい。
お客様におかれましてはご理解・ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

敬具

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年07月15日

アメリカ向け DO FEE 料率改定のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。
また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。


アメリカ向け DO FEE の料率を2022年8月15日搬入分より下記料率へ変更させていただく事となりました。


変更前(~8月14日搬入分):$65/BL
変更後(8月15日搬入分~):$95/BL



ご不明な点等ございましたら、各営業担当者までお問い合わせいただきます様お願い申し上げます。


お客様におかれましてはご理解・ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

                                                  敬具

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年07月05日

【確定】8月 JBAF料率のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、8月 JBAFの料率を添付のとおり確定致しましたのでご案内いたします。


ご不明な点等ございましたら、各営業担当者までお知らせ下さい。


お客様におかれましてはご理解・ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

敬具

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年07月05日

アジア域内の海上輸送混乱

次回に引き続き、弊社社長が登壇した、海上コンテナ運賃予測セミナーの内容をご紹介します。ぜひ皆様のご参考にしていただければ幸いです。
それではいきましょう!


Q.アジア域内の海上輸送混乱はいつまで続くのか?
A.はっきり言って、日本は最優先にスキップする国として扱われている。そのため、今後も混乱はまだまだ続く。
・日本に寄るときには、東京・名古屋・大阪の3ポートは寄らなければならないし、国内物流のコストが高いので、できるだけ近い港で積みたいと考えられている。 3ポート寄ると日本だけで2週間ぐらいかかる。
・日本をスキップするだけで、まるまる一週間はスキップできる。日本と東南アジアを含めたシェアが3%程なので効率が悪く、寄ることがない。
・日本発運賃はアメリカ航路の中で世界一安い。
・最近は船会社自体が荷主を評価している。船会社からすると安定的に荷物を供給してくれる荷主が取引しやすい。
・貨物を契約通りに、500本であれば500本出してくれるか、ブッキングに偏りがないか、そういうところを船会社は見ている。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年07月04日

【予定】8月 JABF料率のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。


さて、これまで3か月ごとに更新とさせていただいておりましたJBAFでございますが、5月以降については毎月変動に変更となりました。

8月JBAFの料率を添付のとおり予定しておりますのでご案内いたします。


ご不明な点等ございましたら、各営業担当者までお知らせ下さい。


お客様におかれましてはご理解・ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

敬具

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年06月28日

中国・アジアのスペース不足

次回に引き続き、弊社社長が登壇した、海上コンテナ運賃予測セミナーの内容をご紹介します。ぜひ皆様のご参考にしていただければ幸いです。
それではいきましょう!


Q.中国・アジアからの輸入コンテナ輸送が、スペース不足や運賃高騰などこれまでに類のない現象が発生している。なぜこのようなことが起きているのか?
A.北米に船・コンテナが滞留して、内陸にはコンテナが滞留していて、なかなかアジアに戻ってこれない。それによってアジア域内のコンテナ不足が混乱の要因の一つであるといえる。
・ロサンゼルスやロングビーチ港では船が未だ浮いている状態。先に着いた船を優先するのではなく、定期通り着いた船を優先している。早く着いて待たせている船は、とことん待たせていて、運行スケジュールを守っている。
・アメリカの約40%といわれているロサンゼルスロングビーチ港は、荷役は24時間化で対応しているが、混んでいるから一生懸命やろうというのはアメリカの労働者の中には少ないと思われる。
・カナダへ逃がす、メキシコ逃がすとかそういった策は有効だと思われるが、そちらも混んでいるので限界がある。
・今のうち、使えるルートは使っておいたほうがよい。コロナの混乱が起きる前の7年前の労使交渉も同じだったが、急にカナダ航路を使いたいとなっても、カナダが混みだしたら、例年使ってもらっていて、今まで実績のある荷主を優先する。
・来年はカナダもおそらくアメリカと同じ状況になる可能性が高い。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2022年06月21日

北米向け海上コンテナ運賃の高騰

主に荷主を対象に「2022年海上コンテナ運賃大胆予測」と題したウェビナーを開催しました。
弊社代表取締役社長 菅哲賢が船井総研ロジの赤峰誠司取締役常務執行役員ともにパネルディスカッションを行いました。日本発北米向けのオールインの海上運賃水準について、来年の前提を「(FEU あたり)北米西岸1万ドル、東岸2万ドル、内陸3万ドルと見ておくべきだ」とし、「長期契約は1年間がベターだろう」と説明しました。
こちらのセミナーの内容を3回に分けて、弊社社長が登壇した、海上コンテナ運賃予測セミナーの内容をご紹介します。ぜひ皆様のご参考にしていただければ幸いです。
それではいきましょう!


Q.米国好景気に支えられて海上コンテナ運賃(北米向け)が高騰しているが、いつまで続く?
A.春節に向けて中国からの貨物がかけこみで増え、今は高止まりしているが、春節までは下がらない。もしくは微増すると予想される。
・春節明けに1~2週間、一瞬下がると思われる。また、中国マーケットは毎週上下すると予測される。
・新型コロナウイルスの影響もオミクロン株により、さらに減便が起こり、好景気に支えられてというより、混乱に支えられて海上運賃は上昇する。
・運賃の上昇は2023年末までは、今の水準以上であると予想していた方が安全。
また、2025年以降は新造船とかコンテナの追加分が市場に出てくると思われる。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

INFORMATION

海上貨物無料お見積り
MyJTC
MyJTCのご案内
米国・輸出入代行 売買売代行/交渉サービス
海上輸送ノウハウ お役立ち情報が満載!
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
海上コンテナサイズ表
関税・容量重量・保険 計算ツール
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
ジャパントラスト公式Twitter
ジャパントラスト公式Instagram
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
情熱羅針盤 かわら版
ジャパトラブログ
貿易実務講座動画 JETRO認定貿易アドバイザー ハリー・ヨシダ講師
NVOCCとコンソリデーターの違いとは?
直接運送契約、混載運送契約
乙仲とフォワダーの違いとは?Forwarderと乙仲さんは違うのかな?
IATAとは?航空貨物運送の貿易実務知識
通関士、乙仲の仕事とは?船への積込から船荷証券(B/L)の入手までの貿易実務とは?
船荷証券(B/L)【前半】特徴と分類 Received B/L, Shipped B/L, 裏書 Letter of Indemnity 他
船荷証券(B/L)【後半】白地裏書 Endorsement、サレンダーB/L
サレンダーB/Lの代わりに、SEA WAY BILLにした時のメリット、デメリット。SWBって何?
フォワーダー大学
インコタームズ 貿易取引条件の覚え方EXW/FOB/CFR/CIF/DAP/DDP
カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ