無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り お役立ち資料ダウンロード

ジャパトラブログ&ニュース

HOME > ジャパトラブログ&ニュース

2022年01月28日

PIER PASS の料率変更のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
PIER PASS の料率を添付のとおり変更させていただきますのでご案内いたします。ご不明な点等ございましたら、各営業担当者までお知らせ下さい。

お客様におかれましてはご理解・ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

敬具

20220128_pier pass

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2022年01月28日

LATE DROP CHARGE(レイトドロップチャージ)追加導入のご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
長らく続いておりますコンテナ船、在来船のスペース不足に伴い、既にCANCELLATION FEEを導入させていただいておりますが、下記概要にて追加のLATE DROP CHARGE(レイトドロップチャージ)を導入する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
1本のスペースが大変貴重となっている中、さらなる船会社の信用維持と、今後とも安定的なスペースを確保するためご理解とご協力をお願い申し上げます。

敬具



LATE DROP CHARGE:お見積り金額の全額(100%)
適用開始日:2022 年 2 月 1 日 CUT 日以降の船積みより
対象航路:アメリカ・カナダ向け航路
課徴条件:CUT 日起算 3 営業日を切るブッキングの取り消しや本数変更(重量オーバーや
出荷工程の遅れなどいかなる理由も含む)
*CUT 日起算 4 営業日前 24 時までに電話、メールにてキャンセルのご連絡をいただけた場
合はキャンセル料として、JPY40,000/DRY・REF のみとなります。
なお、CUT 日起算 11 日 24 時前までであれば、キャンセル料も発生しません。

以上

20220128_late_drop_charge

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2022年01月28日

年始の旅行(柴尾)

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・
オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストの柴尾です。
 
新年あけましておめでとうございます。
 
年始は、久しぶりに家族で旅行に行ってきました。
場所は栃木県の鬼怒川温泉です。
 
写真1

 
宿につく前に、子供たちのリクエストで巨大迷路に立ち寄りました。
20分以内にゴールすると景品がもらえ、平均所要時間は40分とのことでしたが、私は1時間かかってしまいました。。
思っていた以上に難しくて、大人も楽しめるスポットでした。
 
写真2

 
ホテルもお正月仕様になっていました。
 
写真3、写真4


 
ゆっくり温泉につかりリフレッシュできたので、2022年も頑張っていきたいと思います!
 
皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

柴尾真由美

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

柴尾 真由美


営業部 プロフィール:ジャパントラストに入社して17年、9年前からテレワークをしています。栃木県出身。好きなものは、麻雀、温泉、佐野ラーメンです。現在は仕事と子育てに追われる毎日ですが、時短家電を駆使しながら、何とか乗り切っています。

2022年01月19日

ダイヤモンド富士(長谷川)

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストの長谷川です。
 
日に日に寒くなって参りましたが、皆さま健康でお過ごしでしょうか。
今年の冬は例年よりも寒くなりそうだとニュースで耳にしましたので、どうかご自愛くださいませ。

さて、ダイヤモンド富士をご存知でしょうか。

富士山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象のことを言うのですが、
場所と時期とタイミングが重要となるため、いつでも見られる現象ではありません。
最近ではこれを目的にキャンプする日を決めることも増えてきました。
こちらは以前撮影したものですが、太陽が少し右にずれてしまっているのはご愛嬌、、、

空気が澄んだ冬、小刻みに体を動かしながら日の出を待つのはなかなか厳しいものがありますが、
太陽が顔を覗かせてきたときはうっとりしてしまいます。
 
ダイヤモンド富士を見ると運気が上がると言いますし、来年も運気が上がるように拝みに行きたいと思います。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

長谷川礼子

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

長谷川 礼子


1月より経営戦略室の一員になりました。 休みの日は一人でぼーっとしていることが好きですが、フラワーアレンジメント等をして部屋を片付け・飾ることも好きです。一方でキャンプやスキー等もやったり、なんだかんだと忙しく日々が過ぎていっています。

2022年01月17日

日刊カーゴ記載記事 初の自社コンテナ、ホンダ様向けに利用

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・ オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)
の輸送を得意としているジャパントラストです。

日刊CARGO(2022年1月13日発行)に、弊社ジャパントラストの取り組みが記載されました。

 以下同記事より引用。
__________________________________

初の自社コンテナ、ホンダ向けに利用


■ジャパントラスト、米国に海上輸送

 全世界のオーバーゲージ(OG)貨物や北米向けを主軸にするFCL(フルコンテナ)専門NVOCC、ジャパントラストが整備した自社バン「JTCコンテナ」の1本目が、本田技研工業(ホンダ)向けの海上輸送で利用された。博多港から本船に船積みし、昨年12月半ばに米国シアトル港に到着した。ジャパントラストは昨年初めて自社のオリジナルコンテナの新造に踏み切り、20フィート、40フィートハイキューブ各5本の計10本を完成した。このうち複数本を今回、ホンダ向けに活用した。


 空コンテナ不足を受けて、顧客向けのSOC(シッパーズ・オウン・コンテナ)として活用すべく、昨年夏前に初の新造コンテナを発注した。中国の工場で製造し、「JAPAN TRUST」のロゴや連絡先などを壁面に記入、コンテナ番号に社名略字の「JTC」を冠した独自の「JTCコテナ」として整備した。昨年秋までに完成し、名古屋港付近で保管している。ホンダからの輸送受託は初めて。同社が北米向けのスペースを探す中で、ジャパントラストのウェブサイトに問い合わせをしたことがきっかけで、輸送が実現した。今回、「JTCコンテナ」複数本に自動車部品をバン詰めし、シアトル港でデバンニング後、トレーラーに詰め替えて米国内の最終仕向け地に運んだ。ジャパントラストの菅哲賢代表取締役社長は「自社のコンテナは、子どものような存在。大手の荷主に使っていただいたことはとても光栄なこと。(初の利用で)1人立ちしたようで、これから世界中を回ってほしいと思う。今年もスペースがタイトな状況は続くだろう。残る自社コンテナの利用も進めながら、顧客に貢献していきたい」と話す。北米航路は全航路の中でもスペースのひっ迫が激しく、輸送環境が難しくなっている。ジャパントラストは昨年、米ロサンゼルス向けで在来船のスペースチャーターを春と秋に2回実施した。さらに、昨年10月からは多目的船の定期チャーターも開始。韓国・中国―米ヒューストン航路の多目的船のスペースの一部を専用に借り受け、日本発貨物をコンテナ船で韓国や中国港湾に運び、積み替えてヒューストンに海上輸送。その後、全米各地までのドア・デリバリーを可能としている。また、ジャパンロジスティックス(本社=大阪市中央区、井上然元代表取締役社長)による日本発上海経由ロサンゼルス・ロングビーチ向け海上輸送サービスの代理店となり、ジャパントラストが同サービスを販売している。市況の混乱が続く中、アイデアを凝らし、キャリアや同業者とも密に連携しながら、さまざまな手法で輸送手段を確立。今年春に米国西岸港湾の労使契約の本格化が控える中で、「荷主のニーズに最大限応じられるよう努力していきたい」(菅社長)とする。ジャパントラストは名古屋市中区に本社を置き、日本の従業員数30人。米国現地法人がロサンゼルス本社とシカゴ、ニューヨークに支店を置くほか、メキシコとブラジルにも営業所を構える。米国法人は10人の体制でほとんどが日本人で、着地側のトラック、鉄道など内陸までのオペレーション管理も自社展開する。

__________________________________

・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2022年01月14日

ヤード逼迫による輸出搬入制限についてのご案内

拝啓 貴社ますますご盛栄のことお喜び申し上げます。また平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
鍋田ターミナルに於きまして、下記の通り連絡がございましたので、ご案内させていただきます。
拝啓、平素はターミナル運営にご理解とご協力を賜り有難うございます。
さて、鍋田ターミナルに於きましては、ご利用の皆様へ輸入の早期搬出をお願いしておりますが、輸出コンテナにおきましても保管ヤードが厳しい状態であり、このままでは 全ての作業に影響が出るため、緊急対策として下記の通りとさせて頂きます。


◆ 1月14日(金)と1月15日(土)はカット船の搬入のみお受け致します
※搬入可能本船は下記の通り NUTS-Web にてご連絡します
14日(金)カット船・・・13日(木)午後早めに NUTS-Web へ掲示
15日(土)カット船・・・14日(金)午後早めに NUTS-Web へ掲示

◆ 1月 17 日(月)以降はゲートオープン日を7日前(入港日含む)と致します
※1 月 23 日(日)入港船から対象
※期間は当面の間
以上、皆様のご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

20220114_yard



敬具

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


INFORMATION

海上貨物無料お見積り
MyJTC
MyJTCのご案内
米国・輸出入代行 売買売代行/交渉サービス
海上輸送ノウハウ お役立ち情報が満載!
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
海上コンテナサイズ表
関税・容量重量・保険 計算ツール
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
情熱羅針盤 かわら版
ジャパトラブログ
貿易実務講座動画 JETRO認定貿易アドバイザー ハリー・ヨシダ講師
NVOCCとコンソリデーターの違いとは?
直接運送契約、混載運送契約
乙仲とフォワダーの違いとは?Forwarderと乙仲さんは違うのかな?
IATAとは?航空貨物運送の貿易実務知識
通関士、乙仲の仕事とは?船への積込から船荷証券(B/L)の入手までの貿易実務とは?
船荷証券(B/L)【前半】特徴と分類 Received B/L, Shipped B/L, 裏書 Letter of Indemnity 他
船荷証券(B/L)【後半】白地裏書 Endorsement、サレンダーB/L
サレンダーB/Lの代わりに、SEA WAY BILLにした時のメリット、デメリット。SWBって何?
フォワーダー大学
インコタームズ 貿易取引条件の覚え方EXW/FOB/CFR/CIF/DAP/DDP
カレンダー
2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ