無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り お役立ち資料ダウンロード

ジャパトラブログ

HOME > ジャパトラブログ

2021年01月29日

2020年のアジア発米国向けNVOトップ200中、ジャパントラストが145位にランキングされました

中国のデジタル海運情報紙、Sofreiht(捜航)はこのほど米国の調査会社Descartes Datamyneによる米国税関のACE・B/Lデータもとにまとめたアジアから米国向けのNVOCCのコンテナ輸送量ランキングトップ200によると、Expeditors(米国)が前年比7%増の42万3,250TEUで1位、Kerry Apex(米国)が18.3%増の41万3,210TEUで2位、Christal Lines(米国)が8.0%増の38万9,657TEUで3位の順で続いたと報じた。
 

4位はOrient Express Container(米国)=8.7%増・32万3,622TEU、5位がHonour Lane Shipping(米国)=30%増・29万6,898TEU、6位がBlue Anchor America Line(米国)=4.3%増の28万3,160TEU、7位がTopocean Consolidation Service(米国)=18%増・21万3,386TEU、8位がHecny Shipping=29.3%増の19万1,296TEU、9位がDanmar Line AG(独)=14.7%増・15万773TEU、10位がDewell Container Shipping(米国)=0.9%増・12万4,973TEUが続きトップ10を形成した。

 
 
日系では近鉄エクスプレスが前年比4.2%減の5万5,998TEU、日本通運が407.8%増の4万5,939TEUで38位、Yusen Logistics (Americas)が15.5%減の3万9,275TEUで46位、Mitsubishi Logistics Americaが25.8%増の2万4,324TEUで71位、MOL Worldwide Logisticsが18.5%増の1万5,553TEUで101位、Yusen Logisticsが2.1%減の1万3,669TEUで116位、APL Logistics(KWE傘下)が17.7%減の1万3,650TEUで117位、日新が14.5%減の1万1,525TEU、Japan Trustが4.4%減の1万260TEUで145位にランキングされた。
 
 

・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


2021年01月20日

日本海事新聞社に記事が掲載されました

2021年01月08日付 03面 (C)日本海事新聞社

ジャパントラスト米国法人、内陸積み替え 積極対応。トラック手配に強み

【中部】ジャパントラスト(JTC、本社・名 古屋市、菅哲賢社長)の米国現地法人グレート ラック(GLI)は、

米国への輸入コンテナが激 増する昨今の事態にトラック手配で強みを発揮 する。

コロナ禍の影響でコンテナターミナル( CT)のキャパシティーがオーバーし、

鉄道輸送 による遅延が頻発する中、高まるトランスロー ド(積み替え)需要にも積極的に対応している 。

「大手にない柔軟性に優位性」とする神谷氏

GLIは2002年に設立。拠点はロサンゼルス、シカゴ、ニューヨークで、

JTCと同 様ノンアセット型NVOCC(海上利用運送業者)として主に日本をはじめとするア ジア発輸入、

米国発輸出を取り扱う。

米国発日本を含むアジア向け輸出は年間6000 TEU、日本発の輸入は、JTC扱いで1万TEUを超え、

取引する業界は工作機械、自動 車関連、電子部品、化学品、食品など幅広い。

GLIの神谷隆ゼネラルマネージャー (GM)は、「ノンアセットを徹底し、

大手輸送業者にないフレキシビリティー( 柔軟性)に優位性がある」と話す。

神谷氏は米国駐在歴18年の中で、トラック業者、船会社、港湾関係者などと強い 関係を構築し、

「トラブル発生時、他社にはできないトラブルシューティングがで きるのも強み」(菅社長)とする。

12人いるスタッフのうち10人が日本語対応可能 で、

日本側の荷主と日本語で直接連絡を取り合うケースもあるという。

神谷氏が注力する中の一つが陸送パートナーの選定だ。

大手と違い設立直後はパ ートナー基盤がなく、

単身で渡米した神谷氏が規模の大小を問わず全米の地場のト ラック業者を起用し実績を積んできた。

「日本と違い、州ごとにサービス品質の強 み弱みがあるため、厳選する必要がある」として、

ノンアセット型の強みを生かし 各州に信頼できるパートナーを置いた結果、

ドライバー不足が顕著となった現在も 優先的な手配が可能という。

米墨間クロスボーダー(越境)輸送にも対応する。

昨年の夏以降、コロナ禍の巣ごもり需要による旺盛な購買力などを要因に、

過去 に例のない量のコンテナが米国西岸港に海上輸送された。

港湾労働者不足も影響し てターミナルは逼迫(ひっぱく)。

コンテナ船の沖待ち発生、鉄道接続の遅延など、輸入コンテナ物流の停滞が顕著となった。

こうした中、本来はコンテナのまま鉄 道輸送する内陸向け貨物をデバンニングして

トラックで内陸に運ぶトランスロード の需要が実荷主、同業者問わず急増。

「トラック手配に強みがあり、工作機械のオ ーバーゲージ(規格外)貨物が多く

トランスロードのノウハウもあるため、今こそ それらを発揮する機会」(神谷氏)として、

納期が迫る顧客のリクエストに応えて いるという。

神谷氏は、「非常事態だからこそ、同業者からもニュートラルな立場の当社に声 が掛かる」と述べ、

ノンアセット型の業態に自信をのぞかせる。

昨今のコンテナ不 足による船会社のスペース供給制限にも、

米国発日本向け貨物は海上運賃の値上げ 幅を抑えつつブッキングに対応。

今後も実荷主、同業者からの要望に、全米に張り 巡らしたネットワークで応えていく方針だ。

 

——————————————————————————————————————

アメリカの内陸トラック輸送はお任せください!詳しくはこちらから。

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!

詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


INFORMATION

海上貨物無料お見積り
MyJTC
MyJTCのご案内
米国・輸出入代行 売買売代行/交渉サービス
海上輸送ノウハウ お役立ち情報が満載!
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
海上コンテナサイズ表
関税・容量重量・保険 計算ツール
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
ジャパトラブログ
貿易実務講座動画 JETRO認定貿易アドバイザー ハリー・ヨシダ講師
NVOCCとコンソリデーターの違いとは?
直接運送契約、混載運送契約
乙仲とフォワダーの違いとは?Forwarderと乙仲さんは違うのかな?
IATAとは?航空貨物運送の貿易実務知識
通関士、乙仲の仕事とは?船への積込から船荷証券(B/L)の入手までの貿易実務とは?
船荷証券(B/L)【前半】特徴と分類 Received B/L, Shipped B/L, 裏書 Letter of Indemnity 他
船荷証券(B/L)【後半】白地裏書 Endorsement、サレンダーB/L
サレンダーB/Lの代わりに、SEA WAY BILLにした時のメリット、デメリット。SWBって何?
フォワーダー大学
インコタームズ 貿易取引条件の覚え方EXW/FOB/CFR/CIF/DAP/DDP
カレンダー
2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ