無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り お役立ち資料ダウンロード
 
海上貨物無料お見積り
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
ジャパトラブログ
EPA/自由貿易 対比表作成サポート

ジャパトラブログ

HOME > ジャパトラブログ

2019年04月24日

コラム/最適物流の化学⑭

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第十四回となる今回は、海上輸送が得意なフォワーダー(NVOCC)ついてお話しいたします。

——————————————————————————————————–

「海上輸送が得意なフォワーダー(NVOCC)」

 

本書では、NVOCCを「フォワーダー」という表記で統一していますが、NVOCCという用語について、ここで詳しく説明をしておきましょう。

 

NVOCCとは、第一章で見た通り、フォワーダーの中で海上輸送を得意とする事業者を指します。荷主から貨物を預かり、船舶その他の輸送手段を持つ事業者を利用して目的地へ届ける仕事がNVOCCの基本的な役目になります。NVOCCは、運送の過程で派生するさまざまな業務を含めて一括で請け負います。特に今日、重要性が増している国際複合一貫輸送において、大きな役割を果たします。

NVOCCという呼称はアメリカ生まれで、1984年の米国海事法により外航利用運送事業者を指す名称として定義されました。その改正法として制定された1998年の米国海運改革法では、外航利用運送事業者(NVOCC)と外航運航取次業者(オーシャン・フレイト・フォワーダー:Ocean Freight Forwarder)の総称として、海上運送仲介業者(OTI:Ocean Transportation Intermediary)も呼称として定義されています。

 

日本において、NVOCCは貨物利用運送事業法の規制を受けます。この法律では、まず貨物運送を、自ら輸送手段(船舶、航空、鉄道、貨物自動車)を持ち実際に貨物を運送する「実運送」と、運送事業者の行なう運送を利用して貨物の運送を行なう「利用運送」の二つに分類しています(第二条)。このうちNVOCCは、後者の利用運送事業を行なう利用運送事業者に該当します。また、この利用運送事業者は、実運送事業者に対しては荷主になります。

 

さらに貨物利用運送事業法では、利用運送事業をその形態によって2つに分類しています。1つ目が第一種貨物利用運送事業です。これは、外航海運においては船舶による輸送のみが対象となります。つまり、ポート・ツー・ポート(Port to Port:港から港)限定ということです。海上輸送以外のトラックや鉄道を使った輸送までを一貫して請け負うことはできません。なお、この事業は登録制となっており、国土交通大臣の行なう登録を受ければ開業することができます。

 

もう1つが第二種貨物利用運送事業です。これは、海上輸送とこれに先行・後続する輸送までが含まれます。つまり、トラックなどを使った集荷・配送を組み合わせ、ドア・ツー・ドアの一貫輸送サービスが提供できます。こちらは許可制で、事業を行なうには国土交通大臣に対して申請手続きを行ない、許可を受ける必要があります。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、海上輸送が得意なフォワーダー(NVOCC)ついての続きをお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年04月17日

コラム/最適物流の科学⑬

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第十三回となる今回は、荷物の旅路を手配する「貨物の旅行代理店」についてお話しいたします。

——————————————————————————————————–

「船を持たない海運会社・フォワーダー(NVOCC)とは」

 

物流業界でアウトソーシング化の流れが注目される中、その主体となっているのがフォワーダーです。第一章で述べたように、フォワーダー(フレイト・フォワーダー)とは、荷主から貨物を預かり、他の事業者の運送手段を利用して運送する貨物利用運送事業者を指します。そのうち、国際輸送を取り扱う事業者をフォワーダーと呼ぶのが一般的です。

 

その具体的な業務については、FIATA(世界フォワーダー協会)の「フレイト・フォワーダー業務に関するモデル約款」第二条一項で次のように定義されています。

 

「フレイト・フォワーダー業務とは、物品の運送、混載、保管、荷役、包装、配送及びこれらに関する付帯業務及び助言業務の全てをいう。同サービスには、税関手続や納税手続のための申告をすること、物品の付保、物品に関連しての支払の取り立て、書類の入手業務を含むが、これらに限定されるものではない」(伊藤仁一訳「フレイト・フォワーダーとその役割」『国際複合輸送業務の手引』(第八版)2ページ)。

 

この説明からもわかるように、フォワーダーの業務範囲は多岐にわたります。荷主の側からすると、輸送や通関といった業務をすべてワンストップでアウトソーシングできる頼りになる存在ということになります。

 

フォワーダーはヨーロッパが発祥とされています。その歴史は古く、中世後期には、すでに交易の場で活躍していたといわれています。多くの国が隣接するヨーロッパにおいて、国境での通関には複雑な手続きが必要とされ、国境をまたぐ交易では通関や輸送に精通したフォワーダーのような存在が欠かせなかったのです。

 

時代と共にフォワーダーの存在感は大きくなっていきましたが、1967年にEC(ヨーロッパ共同体)が発足し、域内での通関が廃止されるとその役割は縮小を余儀なくされます。そうした中で、フォワーダーは輸送の関連業務を請け負う形で事業の幅を広げ、利用運送業者として活躍の場を広げていきました。

 

歴史的には、輸送や通関などの業務をアウトソーシングする必要性からフォワーダーが登場したわけですが、さらに時代を遡ると、海運業(船会社)も、業務のアウトソーシング化によって誕生したと見ることができます。

 

海上交易においてフェニキア人が活躍していた紀元前の昔、海運を専門とする事業者はまだ明確には存在しませんでした。そのため、当時は商人が交易に際して自ら船を所有する必要があったのです。あるいは、商人らが組合を結成して共同で船を所有することもありました。このように商人が船を持ち運航して、貿易を行なう形態をマーチャント・キャリア(Merchant Carrier)またはプライベート・キャリア(Private Carrier)と呼びます。

 

このスタイルは、イタリア商人が活躍した中世に至っても続いていました。その後、時代が進むにつれて、他社の貨物の海上輸送を専業とするコモン・キャリア(Common Carrier)またはパブリック・キャリア(Public Carrier)と呼ばれる業態が登場します。

 

そしてイギリスやドイツで海運会社が誕生し、産業革命に伴う海上貨物の増加によってこの業態が一般化していきました。そうした文脈において、船会社もフォワーダーも、広い意味でのアウトソーシング化という歴史の流れの中で登場したものだと位置づけられるのです。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、海上輸送が得意なフォワーダー(NVOCC)ついてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年04月10日

コラム/最適物流の科学⑫

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第十二回となる今回は、「戦略的物流が3PL」ついてお話しいたします。

——————————————————————————————————–

「戦略的物流が3PL」

 

物流業界におけるアウトソーシングとして、今注目されているのが3PLです。これは「サード・パーティ・ロジスティクス(Third Party Logistics)」のことで、アメリカで始まったビジネスモデルです。

 

日本でも導入が進んでいる3PLですが、統一的な定義が確立しているわけではありません。国土交通省の「総合物流施策大綱」(1997年4月閣議決定)によると、3PLを「荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託する業務」と定義しています。

 

つまり荷主(ファースト・パーティ:First Party)でもなく、実際に物を運ぶ物流業者(セカンド・パーティ:Second Party)でもない第三者が荷主から物流業務全般を請け負う場合を指します。

 

3PLの〝L〟は「ロジスティクス」ですが、この用語を厳密に説明すると「物流」が同義ではありません。元は「兵站(へいたん)」という軍事用語で、戦地で必要とされる物資を的確なタイミングで効率よく補給する役割を意味します。単に物資を運ぶのではなく、そこに戦略的な要素が加わった動きを指すのです。つまり3PLでは、外部の業者が物の輸送だけでなく、在庫管理、さらには原材料の調達や製品の販売までの流れ全体を一括で引き受けることになります。

 

特にアメリカにおいて、3PLの先駆的役割を果たしてきたのがフォワーダーです。1970年代から1980年代にかけて進んだ規制緩和の流れの中で、それまで荷主が行なっていた業務(運送業者との交渉、運賃の支払い、倉庫の手配など)をフォワーダーが担うようになり、ここから3PLは発展を遂げていきました。国際物流でドア・ツー・ドアを確実に遂行するにあたって、戦略的に物流を考える視点は不可欠です。今後、海外工場間における貨物輸送(三国間輸送)がさらに増加すると予想される中、フォワーダーが3PLを行なうケースもより多くなっていくでしょう。

 

ところで3PLを担う主体は、本来の意味においてはフォワーダーなどのサード・パーティです。しかし実際は、セカンド・パーティーである業者も、このビジネスに積極的に参入しています。

 

これらを区別するために、輸送手段や物流施設を持たないフォワーダーなどを「ノンアセット(Non-Asset)型」、それに対してハードを持つ運送会社などを「アセット(Asset)型」と呼び、今日この2者が3PLの主体と位置づけられています。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、荷物の旅路を手配する「貨物の旅行代理店」ついてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年04月03日

コラム/最適物流の科学⑪

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第十一回となる今回は、古くて新しい「アウトソーシング」の役割ついてお話しいたします。

——————————————————————————————————–

「古くて新しい「アウトソーシング」の役割」

 

国際物流業界には、船や航空機を持たずに貨物輸送を請け負う事業者が存在します。それが前章の最後に挙げたフォワーダーです。業種を問わずアウトソーシング化、分業化の傾向がある今、物流業界でこれを実践するフォワーダーへの関心が高まっています。自社でハードを持たずに輸送を受注するスタイルの企業は、業界内でどのような役割を果たしているのでしょうか。

 

本章では、一般には決して知名度が高いとはいえないフォワーダーという業態を、業界内での位置付けなど幅広い視点から解説します。あわせて、その具体的な業務内容や特徴についても詳しく紹介していきましょう。

 

「価格交渉もアウトソーシングできる時代」

 

ビジネス界においては、業務のアウトソーシング化への大きな流れが世界的に進行しています。特に欧米を中心にその動きは加速し、経済産業省の資料によると、ビジネス支援サービス、すなわちITO(Information Technology Outsourcing:情報システム部門業務の一部外部委託)およびBPO(Business Process Outsourcing:事務処理的なバックオフィス業務の一部外部委託)の市場は、2012年から2017年に至る5年間で、世界全体で年平均約5.1%の成長を遂げています。

 

北米に限るとその成長率は5.3%にのぼり、その一方で日本は3.0%の成長にとどまっています(経済産業省商務情報政策局「ビジネス支援サービスの活用」2014年)。世界的に見るとやや出遅れている感があるものの、我が国でも現在、アウトソーシングが成長分野となっていることは確かです。

 

企業が業務をアウトソーシングする目的の一つとしてはコスト削減が挙げられ、前章で触れた国際分業の進展もそうしたニーズを満たすためといえるでしょう。経理事務、社内システムの構築、コールセンターの運営などの業務を専門知識や最新技術を持った外部の人材に委託し、企業運営の効率化を図ることも大きな目的です。

 

また最近はビジネス上の価格交渉などの業務にもアウトソーシングが採用されるケースがあるなど、適用範囲が広がっています。

 

アウトソーシング化が進んでも、すべての業務を外部の人材に任せるわけではありません。企業にとってのコア業務は自社で行ない、ノンコア業務に位置づけられる分野を外部に委託することが基本となります。

 

経営に必要とされるすべての業務について自社で人材を育成し、その人たちに運用を任せるのは決して効率的とはいえないのです。

 

業務として標準化できる分野、あるいはコア業務以外で専門性が必要とされる分野では、外部の力を活用するのが適切な選択です。経営資源をコア業務に集中させることは、企業の競争力を高める上で重要な方策となります。シリコンバレーには、社員数20名で数百億の売上を挙げているIT企業もあります。こうした企業は、自社ではアプリ開発しかやらないなど、徹底してコア業務に資源を集中させているのです。

 

時代の変化がますます加速する中、同時にあらゆる業務が複雑化、高度化する中、業務のアウトソーシング化は今後も拡大していく流れが予想されます。そうした波が押し寄せているのは、物流の分野も例外ではありません。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、「戦略的物流が3PL」ついてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年03月27日

コラム/最適物流の科学⑩

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第十回となる今回は、海運を支えるさまざまな事業者たちについてお話いたします。

——————————————————————————————————–

「海運を支えるさまざまな事業者たち」

 

貨物が荷主の元を出て海外の目的地へ届くまでには、さまざまな場所を経由することを見てきました。いくつもの段階を経て貨物が運ばれていくわけですが、これを安全に、スムーズに、確実に行なうためには専門事業者の果たす役割が重要になります。では実際どんな業種の企業が関わっているのでしょうか。

 

ここでは、その主な関連業種について触れていきましょう。なお、貨物輸送を委託する事業者の特徴については第三章で詳しく取り上げますので、ここでは概略のみ紹介します。

 

  • 船会社

船舶を所有し、業務で運航する会社です。貨物や旅客を運ぶ海上輸送を主業務としていますが、内陸輸送など関連する業務も請け負います。

 

  • 通関業者

輸出入に際しては税関に貨物の詳細を申告し許可を得る必要がありますが、この手続きとそれに付随する業務を代行するのが通関業者です。

 

  • 港湾業者

港湾内における貨物の運搬、荷役、仕分け、保管などを担い、船会社や荷主から委託を受け、港湾でのさまざまな業務に携わります。

 

  • 倉庫業者

顧客から物品を預かり、倉庫などでの保管を行なう事業者を指します。貨物の保管や荷役といった業務だけでなく、輸配送など関連業務も請け負います。

 

  • 乙仲

乙仲(おつなか)とは、海運貨物取扱業者(海貨業者)の別名で、荷役や通関など、貿易に関する幅広い業務を代行します。この呼称は戦前の海運組合法で規定されていた乙種海運仲立業に由来し、今も慣習的に使われています。

 

  • フォワーダー(フレイト・フォワーダー)

荷主から貨物を預かり、他の業者の運送手段(船舶、航空、鉄道、貨物自動車など)を利用して運送する業者を指します。貿易に関する幅広い業務を代行するという意味では乙仲と重複しますが、一般的には貨物利用運送事業者のうち国際輸送を取扱う業者をフォワーダーと呼びます。

 

・エアーフォワーダー(エアー・フレイト・フォワーダー)

フォワーダーのうち、航空機での輸送を得意とする業者を指します。

 

・NVOCC

フォワーダーのうち、海上輸送を得意とする業者を指します。NVOCCとはNon Vessel Operating Common Carrierの略で、日本語で非船舶運航業者とも呼ばれます。

 

なお本書では、読者の皆さんの混乱を避けるため、便宜上、海上輸送に携わるフォワーダー(NVOCC)を「フォワーダー」という呼び方で統一します。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、古くて新しい「アウトソーシング」の役割ついてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年03月20日

コラム/最適物流の科学⑨

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第九回となる今回は、貨物はどんなルートで目的地へ届くのかついてお話しいたします。

——————————————————————————————————–

「コンテナの流れは二通りある」

 

今日、貨物のコンテナ化によってドア・ツー・ドア(door to door)の一貫輸送は一般的になっていますが、荷主の元を出た貨物は具体的にどんなルートをたどって目的地へ届けられるのでしょうか。貨物がある工場から海外の目的地へ届けられることを想定し、その大まかな流れを見ていきます。

 

コンテナ貨物はFCL(Full Container Load)貨物とLCL(Less than Container Load)貨物の2種類に分けられます。FCLは、一荷主がコンテナ一本をチャーターしたものを指します。一方、LCLは複数の荷主が一つのコンテナに貨物を混載したものを指します。貨物を積み降ろしするタイミングが異なるため、全体の流れも若干異なります。

 

まず、工場で物品を梱包(包装)します。梱包は、輸送中や保管中に、その価値と状態を維持するために行なわれるもので、大きく個装(個々の物品の包装)、内装(包装貨物の内部の包装)、外装(包装貨物の外部の包装)の三種類に分けられます。基本的にコンテナ輸送の場合は外装が簡易化されます。

この後、FCLとLCLとでは手順が違ってきます。FCLの場合は、工場に空コンテナを持ち込み、そこでバンニング、すなわちコンテナに貨物を積み込む作業を行ないます。貨物はコンテナに積み込まれた状態で工場から出荷され、運送業者によってコンテナヤード(CY)に搬入されます。そして、輸出通関の手続きを行ない、許可を得て船積みされます。なお、税関で検査の指示があった場合は、抜き取り検査もしくは全量検査が実施されます。

 

一方LCLの場合は、他の荷主の貨物と同じコンテナに混載する必要があるため、工場で梱包した状態で出荷されます。その後、運送業者によってコンテナヤードへ運ばれ、その中にあるコンテナ・フレイト・ステーション(CFS:混載貨物専用倉庫)へ搬入されます。貨物はここで他の荷主の貨物と共にコンテナへ積み込まれます。そして、輸出通関手続き、輸出許可を経て港に停泊している船舶に積み込まれます。

 

次に、出港した船は目的地の港へ向かいます。港へ着くと荷降ろしされ、輸入国のコンテナヤードへ搬入されます。その後FCL貨物はコンテナのまま輸入通関手続き、輸入許可を経て、目的地へ運ばれてデバンニング、つまりコンテナからの荷降ろしが行なわれます。一方のLCLは輸出時と同様にコンテナ・フレイト・ステーションへ運ばれ、そこでデバンニングされた後、輸入通関手続き、輸入許可を経て目的地へ届けられます。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、海運を支えるさまざまな事業者たちついてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年03月13日

コラム/最適物流の科学⑧

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第八回となる今回は、貨物の運搬効率を上げたコンテナ化のメリットのお話しをいたします。

——————————————————————————————————–

【貨物の運搬効率を上げたコンテナ化のメリット】

 

コンテナ船が海上輸送の主役へと一気に上り詰めた理由には、これまでにはないメリットが数多く得られたという背景があります。

 

まず、貨物を一度に大量に運べるようになったことが挙げられます。コンテナは国際的に規格化されています。非常に頑丈な構造で、貨物の形や大きさが均質でなくても、規格が統一化されたコンテナに収めれば整然と並べられ、縦に積み上げることもできます。もしコンテナのサイズが異なっていたらこうした積み方はできません。

 

この規格を統一したのはアメリカの運輸省海事管理局(MARAD)です。一九五八年から規格化に取り組み、1961年に10・20・30・40フィートのコンテナを規格とすることを決定しました(1フィートは約0.3m)。その後、ISOに設けられた第104技術委員会というコンテナに関する専門委員会によって、世界的な規模での標準化が進められていきました。

 

ヨーロッパや日本などでも、サイズや最大総重量、各部の名称、試験方法、表示方法などコンテナの詳細についての規格が制定され、現在のISO規格に至っています。なお、コンテナの種類や規格については後の章で取り上げます。

 

次にメリットとして挙げられるのが、梱包を簡素化できるようになったことです。

 

貨物を堅牢なコンテナに収納することで、梱包資材の削減や作業手間の軽減が図れるようになったのです。同時に、貨物の損傷や盗難の危険性も大幅に減少します。これは貨物の保険料低減にも繫がりました。

 

また、コンテナ内には雨が入らないので、天候にかかわらず積み降ろしができるようになったことも大きな利点です。

 

コンテナ化によって荷役時間も大幅に減少しました。貨物のサイズが異なるとそれぞれ違った取扱いが必要となりますが、コンテナの登場でこの手間が大幅に解消されたのです。それまでは、船に設置されたデリック(クレーンに似た機械)などの機器を使って貨物を積み降ろしていました。

 

コンテナ化されて以降は、ガントリークレーンという大型クレーンを使い、効率良く荷役を行なうことができるようになりました。ただ、コンテナの積み降ろしは従来の港湾設備ではできません。港がガントリークレーンなど専用の荷役設備を備えている必要があります。さらに、大型コンテナ船が寄港するには港に一定以上の水深が必要です。そうした条件が整っていなければ港を利用することができないのです。

 

先ほど触れたように、かつてのマルコム・マクリーンによるコンテナ輸送の考案が発端となり、海上と陸上の一貫輸送を可能にした歴史も忘れてはなりません。船とトラック、貨物列車、さらには航空機を含めた国際複合一貫輸送は、コンテナの登場で飛躍的に発達し、今日の物流では欠かせないサービスとなっています。これはいわばスマートホンの誕生と同じぐらいの革命でありインパクトといえるのです。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、貨物はどんなルートで目的地へ届くのかついてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年03月06日

コラム/最適物流の科学⑦

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第七回となる今回は、コンテナ輸送の誕生のお話しになります。

——————————————————————————————————–

「コンテナ輸送の誕生は1940年代」

 

現在、定期船の主流になっているのはコンテナ船ですが、コンテナが海上輸送で本格的に使用されるようになったのは約半世紀前のことです。その登場は、海運業界に革命ともいえるくらい大きな変化をもたらしました。

 

さまざまな貨物を中に収めるコンテナという箱自体は、19世紀の段階ですでに使用されていました。ただ、それは鉄道や自動車での輸送で利用するためのものでした。これが船舶で使われるようになったのは、20世紀半ば近くになってからです。コンテナ船は、アメリカ人のトラック運転手、マルコム・マクリーン(Malcolm P. McLean)が、1940年にトレーラーを海上輸送に利用したことが起源になっていると伝わっています。

 

マクリーンは1956年、大手船会社のウォーターマン・スチームシップ(Waterman Steamship Co.)を買収し、タンカーを改装してコンテナ輸送を始めました。当初は、トレーラーなど車両をそのまま船に収納するRORO船の方式で輸送していました。ここからさらに積載効率を高めるため、コンテナを車両と切り離すとともに、船倉内にセルガイド(垂直のガイドレール)を設置して積荷を固定する方法を開発します。

 

彼は1960年に社名をシーランド(Sea-Land Service Inc.)に改め、1966年には、フルコンテナ船を「ニューヨーク ― ロッテルダム間」に就航させました。これが国際定期路線におけるコンテナ化の先駆けとなります。また、アメリカのマトソン社(Matson Navigation Company, Inc.)も、翌1967年にコンテナ船を太平洋航路に就航させました。

 

コンテナ船が本格的に利用されるようになった1960年代は、ベトナム戦争が拡大する中、戦地への物資輸送も急増しました。

 

シーランド社はベトナムに向けた軍用物資の輸送にもコンテナ船を投入し、輸送効率に優れたその輸送能力が注目されたのです。

 

当時アメリカ軍は、ベトナムに派遣された兵士たちの戦意高揚のため、母国にいた時とできるだけ同じ生活をさせるという方策を取っていました。そこで、コンテナにコカコーラをはじめとするアメリカの食品、日用品を大量に積んで現地へ送るようになります。コンテナは現地で倉庫として使われることもありました。

 

また、大量の物資を送り届けた船は、帰りには戦争で亡くなった兵士の遺体を乗せて帰国しました。こうした戦地への物資の輸送を機に、コンテナ船は飛躍的に発達していったのです。

日本では1968年、日本郵船が昭和海運、アメリカのマトソン社と提携し、初の外航コンテナ船となる「箱根丸」を、日本とカリフォルニアを結ぶ航路に就航させました。この船は日本初のフルコンテナ船であったと同時に、当時世界最大のディーゼルエンジンを搭載していました。

 

これにより「東京 ― ロサンゼルス間」がわずか9日で結ばれることになります。それまで往復で80日要した太平洋航路が、30日に短縮されました。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、貨物の運搬効率を上げたコンテナ化のメリットついてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年02月27日

コラム/最適物流の科学⑥

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第六回となる今回は、「我が国の貿易は九割以上を船が運ぶ」というテーマのお話しです。

——————————————————————————————————–

「スピードでさまざまなニーズに応える航空輸送」

 

我が国と海外を結ぶルート上を膨大な量の貨物が日々行き交っているわけですが、日本における貿易は実に99%以上は船舶によって行なわれています。2015年のデータでは99.6%となっていますが、この数値は、過去10年間ほとんど変わっていません。その残りのわずかな部分を占めているのが航空機です。

 

航空機を使った輸送も年々増加していますが、貨物の総量も増加傾向にあるため、海上輸送が圧倒的な比率を占める状況は続いています。ただ、ここで挙げた比率は、トン数ベースで見た場合のものです。一方、金額ベースでは、海上輸送の割合は8割弱にまで下がります(2013年データでは輸出が75%、輸入が78.1%)。なぜこうした差が生じるのでしょうか。この点を含め、航空機との比較から船舶の特徴を確認してみたいと思います。

 

航空機と船舶を比較すると、さまざまな点で大きな違いがあります。まず輸送能力が挙げられます。航空機の場合、貨物の最大積載量は大型機でも100tを超える程度。対して船舶はその1,000倍以上の積載量を有するものもあります。

所要時間にも大きな差があります。航空機で日本からアメリカ大陸へ向かう場合、直行便で24時間以内に到着することができます。しかし、船舶で同様に太平洋を横断した場合は10日以上を要します。

 

このような違いから、運賃にも大きな差が生じます。船舶に比べると、航空機は格段に高い費用がかかります。この点は大きなデメリットですが、航空機の場合は輸送中の振動や温度・湿度の変化が比較的少ないため、貨物が損傷する可能性が低く抑えられます。また、盗難や事故に遭う可能性が比較的低いことも特徴です。こうした特性から、航空機は船舶など他の輸送手段に比べて保険料は低く抑えられます。

 

航空機で輸送される貨物のうち、もっとも多くの割合を占めるのが機械類です。特に、付加価値の高い電気製品・電子部品や医療機械などがその対象となります。いわゆるJIT(ジャストインタイム)貨物も航空機を使って運ばれます。自動車産業に代表される「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」生産するシステムを維持する上で、航空機のスピードは欠かせません。また機械類以外では、野菜や果物、鮮魚といった生鮮食料品、動物、緊急を要する医療品、貴金属、芸術品などが挙げられます。トン数ベースに対して金額ベースでは航空輸送の割合が高くなる理由も、貨物の内容を見れば明らかでしょう。

 

航空機を使った貨物輸送は今後も増大していくと考えられます。とはいえ貨物全体では、航空機で運ばれるものはごく一部に限られるという状況は変わらないでしょう。

 

「定期船は路線バス、不定期船は貸し切りバス」

 

次に、船舶についてもう少し具体的に掘り下げていきます。貨物船は業法によって、定期船(ライナー:Liner)と不定期船(トランパー:Tramper)の2つに分類されます。

 

まず定期船は、バスにたとえるなら路線バスに似た存在で、定期スケジュールに従い、決められたルートを運航する船舶を指します。あらかじめ寄航する港が決められており、毎週決まった曜日のほぼ定時に到着するように運行します。定期船では、工業製品や半製品、衣料品、食料品などが輸送されます。これらは基本的にロットが小さいため、不特定多数の荷主から集荷し、混載して運ばれます。定期船には一般貨物船(在来貨物船)も使用されますが、現在主流を占めているのはコンテナ船です。

 

そして定期船は、各船会社によって世界中に設定されたさまざまなルートを航行します。中でも、アジアと北米を結ぶ北米航路、北米と欧州を結ぶ大西洋航路、アジアと欧州を結ぶ欧州航路は世界の三大航路と呼ばれています。そのうち、日本の港をカバーするのが北米航路と欧州航路ですが、日本からの定期船航路には他にもアジア航路、中近東航路、中南米航路、アフリカ航路などがあります。ただ、現在それらの航路に定期航路を持つ日本の船会社は実質一社のみで、日本郵船、商船三井、川崎汽船のコンテナ部門が統合された船会社に限られています。

 

もう一つが不定期船です。これは荷主の要望に応じたスケジュール、ルートで運航する船を指します。荷主が船会社と契約し、船腹を借り切って貨物を運びます。このことから、不定期船を使った輸送は「用(傭)船輸送」とも呼ばれます。定期船が路線バスなら、不定期船は貸し切りバスに相当するでしょう。原油や鉄鉱石、穀物といった単一の貨物を大量に運ぶ目的で使われることが多いため、主に専用船が利用されます。

 

定期船と不定期船を荷動きの量だけで比較すると、不定期船の方が多くの割合を占めています。不定期船では、原油や鉄鉱石、石炭といった鉱物資源が運ばれていることを考慮すれば当然ともいえるでしょう。ただ、大半の企業にとって、貿易に際して利用することになるのは定期船です。本書でも、基本的には定期船について取り上げていきます。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、コンテナ輸送の誕生についてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2019年02月20日

コラム/最適物流の科学⑤

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第五回となる今回は、世界経済という大きな枠組みを出発点に海上輸送とそれを担うコンテナ船についてさらに踏み込んでいきます。

——————————————————————————————————–

「増え続け、流通も複雑化する世界の海上荷動量」

 

グローバル時代の今日、世界経済において海上輸送は大きな役割を果たしています。前章で記したように、島国である日本にとって海外との貿易を担う海運業は、まさに生命線といっても過言ではありません。

 

本章ではまず、海上における実際の荷動きの動向を踏まえ、海運の重要性をさらに掘り下げていきます。その上で、海上輸送の特徴、中でも今日主流を占めているコンテナ船の歴史やそのメリットを取り上げ、そして具体的にどういう流れで、どのような業種の企業によって貨物が輸送されているのか、業界の仕組みについても紹介します。

 

「右肩上がりの需要。果たす役割も増す」

 

日本近海に限らず、世界中の海域を夥しい船舶が日々行き交っていることは先の章で見た通りです。では実際、それらの船によってどれだけの貨物が運ばれているのでしょうか。

 

世界の海上荷動量のデータを参照すると、1年間の合計量は約100億tとなっています(2014年)。

これを2004年のデータと比較すると、10年間で約1.4倍も増加していることがわかります。年ごとの動きでは、リーマンショックの影響を受けた2009年を除き、一貫して増加傾向をたどっています。品目別では原油を除けば、いずれの品目もほぼ継続して右肩上がりとなっています。

 

ではコンテナ貨物はどうでしょうか。これも、他の品目同様に増加傾向を示しています。さらに詳しく見ていくと、その伸び幅は特に大きな部類に入ることがわかります。2004年と比較した場合、その伸びは全体では約1.4倍でしたが、コンテナ貨物は10年で約1.8倍となっているのです。

 

海上の荷動量が年々増加傾向にある背景の一つに、グローバル化に伴う国際分業の進展が挙げられます。原材料を輸入し、それを加工した工業製品を輸出することを加工貿易といいますが、昔であれば、そこで扱われる物資の動きは比較的シンプルな流れで捉えられていました。ところが今日では、原材料だけでなく半製品の国際的な流通も拡大しているため、流れは非常に複雑になっています。つまり、原材料から最終的な完成品に至るまでに、各物資が数多くの場所を経由しているということです。

たとえば、米Apple社のiPhoneの部品は、アメリカだけでなく台湾や日本、さらには中国や韓国、ドイツなどのメーカーが供給しています。複数の国でさまざまな部品を製造し、それを一カ所に集めて組み立てるわけです。その各部品を原材料に遡り、半製品を経て完成品に至るまでのルートを結ぶと、日本を含め地球上に無数の線が描かれることになるでしょう。

 

輸送する貨物の量が多くなれば、それに応じて船舶における貨物の積載量である船腹量も増大させる必要が生じます。実際、コンテナ船の船腹量は2000年以降一貫して増加しています。世界的な荷動量の増加、それに伴う船腹量の増加は今後も続いていくことが予想されます。そこで海運業の果たす役割も、当然増大していくでしょう。

 

「コンテナ取り扱いで世界の半数を占めるアジアの存在感」

 

世界的にコンテナ貨物量が増加している中、特に高いシェアを占めているのがアジアの国々です。世界全体のコンテナ取扱量のうち、アジア諸国が占める割合は1990年の段階で40%を下回っていました。しかし以後大きな伸びを見せ、2002年には約50%に達しています。その後も増加傾向は続き、2014年時点では54.9%となっています(『SHIPPING NOW 2016~2017』36ページ)。

 

船腹量でもアジア諸国が大きな割合を占めています。世界全体の船腹量の中で、アジアの船会社が運航する船の占める割合は43.3%です。さらにその内訳では、日本が13.3%(約2億3068万重量t)のシェアを占めています(日本の船会社が保有する日本籍船と海外子会社が保有する外国籍船の合計)。

 

これは世界的に見ても、ギリシアに次いで2番目の規模に相当します。これに次ぐのが中国で9.1%(約1億5756万重量t)です。アジアにおけるシェアは、日本と中国の2国で5割以上を占めていることになります(数値は2015年1月、同21ページ)。

 

コンテナ輸送においてアジアが大きな位置を占めていることは、各国の港における取扱量ランキングからも見て取れます。2015年時点で、世界の主要港におけるコンテナ取扱量ランキング1位となっているのは中国の上海港(3,654万TEU)です。2位がシンガポール港(3092万TEU)で、3位から5位は深圳(2,420万TEU)、寧波(2,062万TEU)、香港(2,011万TEU)と、トップ一10のうち、実に7港を中国が占めているのが現状です。

 

一方、日本の港は30位にようやく東京港(490万TEU)が入るという状況です。1980年の時点では、日本の神戸港(約146万TEU)が世界第4位にランキングされていましたが、以後日本の港の地位は年を追うごとに低下していきました(取扱量は速報値、同34ページ)。

もう一点注目しておきたいのが、商船の建造量です。

 

この分野でも、アジアの役割の大きさが見て取れます。2015年の世界シェア1位を占めるのは中国(37.2%)、次いで韓国(34.5%)、そして第3位に日本(19.3%)がつけています(同22ページ)。この3カ国で、世界シェアの9割を占めているのです。

 

20年前は日本が世界一の建造量を誇っていましたが、その後韓国が日本を追い越し、さらに中国の伸張によって日本のシェアは低下していきました。とはいえ、世界的にも日本がまだ商船建造において大きな役割を果たしていることは確かです。さらに近年は、日本の造船業界に復活の兆しも見られるようで、今後の動向が注目されます。

 

「荷動量は横ばいで推移するものの、シェアは低下」

 

世界的に荷動量が増加している中、日本に限った場合では、同様のことがいえるでしょうか。残念ながら答えはノーです。90年代頃までは右肩上がりの傾向が見られましたが、2000年代に入ると、2009年に大きく低下したのを除き、ほぼ横ばいの状態が続いています。

 

伸び悩んでいるという日本の荷動き状況は、相対的に世界における日本の占める割合が低下しているということを意味します。実際、90年代以降、日本のシェアはほぼ一貫して低落をたどっています。2004年時点では世界全体の14.5%を占めていましたが、2014年には9.1%にまで低下しています。

 

総体での日本の荷動量が横ばいで推移する中、輸出だけに注目すると増加傾向が見て取れます。この10年間、輸入についてはさほど変化はありませんが、輸出についてはそれ以前から引き続き、右肩上がりの傾向があるのです。この点は注目しておきたいところです。

 

次にコンテナ貨物に絞って荷動きの動向を追ってみましょう。世界全体では、2004年の時点で3億3800万TEUでしたが、10年後の2014年には6億7926万TEUになっています。実に2倍です。

 

日本を除くアジア地域(韓国・中国・香港・台湾・タイ・フィリピン・マレーシア・シンガポール・インドネシア)は1億4885万TEUから3億2639万TEUと、同様に約2.2倍となっています。そして日本は、2004年に1643万TEUだったのが2014年には2074万TEUまで伸び、世界平均に比べると伸び幅は小さいものの、10年で約1.3倍に拡大したことになります。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、「我が国の貿易は九割以上を船が運ぶ」というテーマになります。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ