無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り お役立ち資料ダウンロード

ジャパトラブログ&ニュース

HOME > ジャパトラブログ&ニュース

2022年06月21日

北米向け海上コンテナ運賃の高騰

主に荷主を対象に「2022年海上コンテナ運賃大胆予測」と題したウェビナーを開催しました。
弊社代表取締役社長 菅哲賢が船井総研ロジの赤峰誠司取締役常務執行役員ともにパネルディスカッションを行いました。日本発北米向けのオールインの海上運賃水準について、来年の前提を「(FEU あたり)北米西岸1万ドル、東岸2万ドル、内陸3万ドルと見ておくべきだ」とし、「長期契約は1年間がベターだろう」と説明しました。
こちらのセミナーの内容を3回に分けて、弊社社長が登壇した、海上コンテナ運賃予測セミナーの内容をご紹介します。ぜひ皆様のご参考にしていただければ幸いです。
それではいきましょう!


Q.米国好景気に支えられて海上コンテナ運賃(北米向け)が高騰しているが、いつまで続く?
A.春節に向けて中国からの貨物がかけこみで増え、今は高止まりしているが、春節までは下がらない。もしくは微増すると予想される。
・春節明けに1~2週間、一瞬下がると思われる。また、中国マーケットは毎週上下すると予測される。
・新型コロナウイルスの影響もオミクロン株により、さらに減便が起こり、好景気に支えられてというより、混乱に支えられて海上運賃は上昇する。
・運賃の上昇は2023年末までは、今の水準以上であると予想していた方が安全。
また、2025年以降は新造船とかコンテナの追加分が市場に出てくると思われる。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


INFORMATION

海上貨物無料お見積り
MyJTC
MyJTCのご案内
米国・輸出入代行 売買売代行/交渉サービス
海上輸送ノウハウ お役立ち情報が満載!
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
海上コンテナサイズ表
関税・容量重量・保険 計算ツール
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
ジャパントラスト公式Twitter
ジャパントラスト公式Instagram
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
情熱羅針盤 かわら版
ジャパトラブログ
貿易実務講座動画 JETRO認定貿易アドバイザー ハリー・ヨシダ講師
NVOCCとコンソリデーターの違いとは?
直接運送契約、混載運送契約
乙仲とフォワダーの違いとは?Forwarderと乙仲さんは違うのかな?
IATAとは?航空貨物運送の貿易実務知識
通関士、乙仲の仕事とは?船への積込から船荷証券(B/L)の入手までの貿易実務とは?
船荷証券(B/L)【前半】特徴と分類 Received B/L, Shipped B/L, 裏書 Letter of Indemnity 他
船荷証券(B/L)【後半】白地裏書 Endorsement、サレンダーB/L
サレンダーB/Lの代わりに、SEA WAY BILLにした時のメリット、デメリット。SWBって何?
フォワーダー大学
インコタームズ 貿易取引条件の覚え方EXW/FOB/CFR/CIF/DAP/DDP
カレンダー
2022年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ