無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り お役立ち資料ダウンロード
 
海上貨物無料お見積り
海上輸送ノウハウ お役立ち情報が満載!
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
ジャパトラブログ
EPA/自由貿易 対比表作成サポート

ジャパトラブログ

HOME > ジャパトラブログ

2019年04月10日

コラム/最適物流の科学⑫

最適物流の科学

 

弊社社長の菅が、2017年12月に『最適物流の科学―舞台は36106万平方km

海を駆け巡る「眠らない仕事」』という書籍を出版しました。

 

そこで、本ブログでも、その書籍から抜粋した内容を

毎週1話ずつ、ご紹介していきたいと思います。

 

第十二回となる今回は、「戦略的物流が3PL」ついてお話しいたします。

——————————————————————————————————–

「戦略的物流が3PL」

 

物流業界におけるアウトソーシングとして、今注目されているのが3PLです。これは「サード・パーティ・ロジスティクス(Third Party Logistics)」のことで、アメリカで始まったビジネスモデルです。

 

日本でも導入が進んでいる3PLですが、統一的な定義が確立しているわけではありません。国土交通省の「総合物流施策大綱」(1997年4月閣議決定)によると、3PLを「荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託する業務」と定義しています。

 

つまり荷主(ファースト・パーティ:First Party)でもなく、実際に物を運ぶ物流業者(セカンド・パーティ:Second Party)でもない第三者が荷主から物流業務全般を請け負う場合を指します。

 

3PLの〝L〟は「ロジスティクス」ですが、この用語を厳密に説明すると「物流」が同義ではありません。元は「兵站(へいたん)」という軍事用語で、戦地で必要とされる物資を的確なタイミングで効率よく補給する役割を意味します。単に物資を運ぶのではなく、そこに戦略的な要素が加わった動きを指すのです。つまり3PLでは、外部の業者が物の輸送だけでなく、在庫管理、さらには原材料の調達や製品の販売までの流れ全体を一括で引き受けることになります。

 

特にアメリカにおいて、3PLの先駆的役割を果たしてきたのがフォワーダーです。1970年代から1980年代にかけて進んだ規制緩和の流れの中で、それまで荷主が行なっていた業務(運送業者との交渉、運賃の支払い、倉庫の手配など)をフォワーダーが担うようになり、ここから3PLは発展を遂げていきました。国際物流でドア・ツー・ドアを確実に遂行するにあたって、戦略的に物流を考える視点は不可欠です。今後、海外工場間における貨物輸送(三国間輸送)がさらに増加すると予想される中、フォワーダーが3PLを行なうケースもより多くなっていくでしょう。

 

ところで3PLを担う主体は、本来の意味においてはフォワーダーなどのサード・パーティです。しかし実際は、セカンド・パーティーである業者も、このビジネスに積極的に参入しています。

 

これらを区別するために、輸送手段や物流施設を持たないフォワーダーなどを「ノンアセット(Non-Asset)型」、それに対してハードを持つ運送会社などを「アセット(Asset)型」と呼び、今日この2者が3PLの主体と位置づけられています。

——————————————————————————————————–

 

つづく。

次回は、荷物の旅路を手配する「貨物の旅行代理店」ついてお話しいたします。

 

ご興味を持っていただけた方、続きを一気にご覧になられたい方は、ぜひアマゾンでお求めください♪

最適物流の科学――舞台は36106万平方km。海を駆け巡る「眠らない仕事」

https://www.amazon.co.jp/dp/4478084297/

 

北米向けコンテナ海上輸送(FCL)のエキスパート!詳しくはこちらから。

工作機械・大型貨物・重量物などのフラットラックコンテナ、オープントップコンテナ海上輸送ならおまかせ!詳しくはこちらから。

コンテナのサイズ表はこちらから。

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 


カレンダー
2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ