無料お見積りはこちら 海上貨物無料お見積り お役立ち資料ダウンロード

ジャパトラブログ"ニュース

HOME > ジャパトラブログ&ニュース

2022年02月25日

Jリーグ開幕!(熱田)

米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・
オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストの熱田です。


今年もJリーグが開幕しました。私は大阪府吹田出身ということもあり、ガンバ大を応援しています。ここ数年タイトルから遠ざかっており、苦しい時期とはなりますが、

今年こそ新体制でタイトル奪還してほしいと願って、また1年全力で応援しようと思います。

サッカーといえば、大学の卒業旅行でプレミアリーグを観に行きました。

プレミアリーグというのは、イギリスのリーグになります。

大学卒業が2年前になるので、ギリギリ海外旅行に行けた世代です。

トッテナムスタジアムで、トッテナム対マンチェスターシティーの試合を観に行ったのですが、

あの2018年のF I F Aロシアワールドカップで、日本相手に圧巻のプレーを魅せたベルギー代表のデブライネ選手を直接観ることができました!

試合自体はトッテナムが2-0で勝ったのですが、デブライネ選手の正確なパスや素早い動きには圧巻でした。



またスタジアムは7-8万人収容できるほど大きく、グッズショップも2階建で、

日本とは比べものにならないほど規模感が違いました。

さすがサッカー大国…!!

ただ現地観戦して思ったことが一つあります。

日本のサッカーは野球と比べて、レベルの高さ、視聴率や観客動員数などは低いですが、

サポーターの一致団結感や雰囲気づくりはJリーグも負けてないということです。

もっとサッカーの需要が増し、トッテナムスタジアムのような7−8万人入る大きいスタジアムを日本でも作ろうとなるような時代がいつか来ることを願っています。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

麻希熱田

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

麻希 熱田

2020年に新卒で入社し、現在大阪支店でロジスティックスプランナーをしております。 尊敬している芸能人は一つの話題に対し5個以上のネタを持っており、何を出しても引き出しがある上沼恵美子さんです。ちなみに同じ誕生日はアントニオ猪木さんです。

2022年02月18日

香嵐渓に行ってきました(横家)

米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・
オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストの横家です。


先日紅葉を見に”香嵐渓”に行ってきました。 
紅葉がキレイで夜はライトアップされることで有名な場所です。 
コロナの時期もあり2年ぶりのライトアップになります。 




大学時代ぶりの香嵐渓ですが、大学時代の楽しかったことやつらかったことも思い出し、懐かしい気分になれました。 

タイミングが少し遅く、葉も落ちてしまっていたので、
来年はベストなタイミングで見に行きたいなと思います。 


屋台では”れんこんチップス”を食べました。 
岐阜出身の自分にとっては給食でお馴染みですが皆さんは食べたことありますか?
おいしいので機会があればぜひ食べてみてください。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

横家甲樹

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

横家 甲樹

・ジャパントラスト株式会社 ブッキングチーム 岐阜県岐阜市出身  学生時代バスケットボールを通して学んだ、努力の大切さ、チームメイトの大切さを活かし、ブッキングチームとして会社内でも連携の大切さを忘れずにお客様に親身になって対応致します。

2022年01月28日

年始の旅行(柴尾)

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・
オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストの柴尾です。
 
新年あけましておめでとうございます。
 
年始は、久しぶりに家族で旅行に行ってきました。
場所は栃木県の鬼怒川温泉です。
 
写真1

 
宿につく前に、子供たちのリクエストで巨大迷路に立ち寄りました。
20分以内にゴールすると景品がもらえ、平均所要時間は40分とのことでしたが、私は1時間かかってしまいました。。
思っていた以上に難しくて、大人も楽しめるスポットでした。
 
写真2

 
ホテルもお正月仕様になっていました。
 
写真3、写真4


 
ゆっくり温泉につかりリフレッシュできたので、2022年も頑張っていきたいと思います!
 
皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

柴尾真由美

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

柴尾 真由美

営業部 プロフィール:ジャパントラストに入社して17年、9年前からテレワークをしています。栃木県出身。好きなものは、麻雀、温泉、佐野ラーメンです。現在は仕事と子育てに追われる毎日ですが、時短家電を駆使しながら、何とか乗り切っています。

2022年01月19日

ダイヤモンド富士(長谷川)

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストの長谷川です。
 
日に日に寒くなって参りましたが、皆さま健康でお過ごしでしょうか。
今年の冬は例年よりも寒くなりそうだとニュースで耳にしましたので、どうかご自愛くださいませ。

さて、ダイヤモンド富士をご存知でしょうか。

富士山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象のことを言うのですが、
場所と時期とタイミングが重要となるため、いつでも見られる現象ではありません。
最近ではこれを目的にキャンプする日を決めることも増えてきました。
こちらは以前撮影したものですが、太陽が少し右にずれてしまっているのはご愛嬌、、、

空気が澄んだ冬、小刻みに体を動かしながら日の出を待つのはなかなか厳しいものがありますが、
太陽が顔を覗かせてきたときはうっとりしてしまいます。
 
ダイヤモンド富士を見ると運気が上がると言いますし、来年も運気が上がるように拝みに行きたいと思います。

 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

長谷川礼子

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

長谷川 礼子

1月より経営戦略室の一員になりました。 休みの日は一人でぼーっとしていることが好きですが、フラワーアレンジメント等をして部屋を片付け・飾ることも好きです。一方でキャンプやスキー等もやったり、なんだかんだと忙しく日々が過ぎていっています。

2022年01月17日

日刊カーゴ記載記事 初の自社コンテナ、ホンダ様向けに利用

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・ オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)
の輸送を得意としているジャパントラストです。

日刊CARGO(2022年1月13日発行)に、弊社ジャパントラストの取り組みが記載されました。

 以下同記事より引用。
__________________________________

初の自社コンテナ、ホンダ向けに利用


■ジャパントラスト、米国に海上輸送

 全世界のオーバーゲージ(OG)貨物や北米向けを主軸にするFCL(フルコンテナ)専門NVOCC、ジャパントラストが整備した自社バン「JTCコンテナ」の1本目が、本田技研工業(ホンダ)向けの海上輸送で利用された。博多港から本船に船積みし、昨年12月半ばに米国シアトル港に到着した。ジャパントラストは昨年初めて自社のオリジナルコンテナの新造に踏み切り、20フィート、40フィートハイキューブ各5本の計10本を完成した。このうち複数本を今回、ホンダ向けに活用した。


 空コンテナ不足を受けて、顧客向けのSOC(シッパーズ・オウン・コンテナ)として活用すべく、昨年夏前に初の新造コンテナを発注した。中国の工場で製造し、「JAPAN TRUST」のロゴや連絡先などを壁面に記入、コンテナ番号に社名略字の「JTC」を冠した独自の「JTCコテナ」として整備した。昨年秋までに完成し、名古屋港付近で保管している。ホンダからの輸送受託は初めて。同社が北米向けのスペースを探す中で、ジャパントラストのウェブサイトに問い合わせをしたことがきっかけで、輸送が実現した。今回、「JTCコンテナ」複数本に自動車部品をバン詰めし、シアトル港でデバンニング後、トレーラーに詰め替えて米国内の最終仕向け地に運んだ。ジャパントラストの菅哲賢代表取締役社長は「自社のコンテナは、子どものような存在。大手の荷主に使っていただいたことはとても光栄なこと。(初の利用で)1人立ちしたようで、これから世界中を回ってほしいと思う。今年もスペースがタイトな状況は続くだろう。残る自社コンテナの利用も進めながら、顧客に貢献していきたい」と話す。北米航路は全航路の中でもスペースのひっ迫が激しく、輸送環境が難しくなっている。ジャパントラストは昨年、米ロサンゼルス向けで在来船のスペースチャーターを春と秋に2回実施した。さらに、昨年10月からは多目的船の定期チャーターも開始。韓国・中国―米ヒューストン航路の多目的船のスペースの一部を専用に借り受け、日本発貨物をコンテナ船で韓国や中国港湾に運び、積み替えてヒューストンに海上輸送。その後、全米各地までのドア・デリバリーを可能としている。また、ジャパンロジスティックス(本社=大阪市中央区、井上然元代表取締役社長)による日本発上海経由ロサンゼルス・ロングビーチ向け海上輸送サービスの代理店となり、ジャパントラストが同サービスを販売している。市況の混乱が続く中、アイデアを凝らし、キャリアや同業者とも密に連携しながら、さまざまな手法で輸送手段を確立。今年春に米国西岸港湾の労使契約の本格化が控える中で、「荷主のニーズに最大限応じられるよう努力していきたい」(菅社長)とする。ジャパントラストは名古屋市中区に本社を置き、日本の従業員数30人。米国現地法人がロサンゼルス本社とシカゴ、ニューヨークに支店を置くほか、メキシコとブラジルにも営業所を構える。米国法人は10人の体制でほとんどが日本人で、着地側のトラック、鉄道など内陸までのオペレーション管理も自社展開する。

__________________________________

・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2021年12月06日

Cooking Studio(高橋知子)

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストの高橋知子です。 
 
2021年もあっという間に終わりまで来てしまいましたね・・・! 
コロナウイルスに翻弄された年だったかと思いますが、皆様はいかがだったでしょうか。 
 
私は、自粛期間だからこそ、何かできることを増やしたいと考え、
家にいる時にすること=料理!と思い立ち、今年の1月から料理教室に通い始めました。

コースが3つあり、「料理」「デザート」「パン」それぞれ受講して、
毎回楽しく、美味しく習っています♪ 
 
今回はその成果をいくつか披露致します!

家でも復習がてらに料理やデザート、パンまで作るようになり、楽しいおうち時間も過ごせるようになりました!
(パンは割と発酵とか電子レンジできたりもするので、手軽に挑戦できます。)
皆さんもぜひおうち時間の1つにCookingはいかがでしょうか?✨
 
 
・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

 

高橋知子

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

高橋 知子

ジャパントラスト株式会社 東京都江戸川区生まれ、江東区育ち。某テレビ番組のキャラクターと同じ名前です!ジグソーパズルが好きなインドア派ですが、海外・国内旅行も好きです!ロジスティクスプランナーとして皆さんのご要望に応えられるよう努めてまいります!

2021年11月12日

ゴルフ(高橋良輔)

北米発着海上コンテナ輸送、全世界へフラットラック・
オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)輸送を得意としているジャパントラスト高橋良輔です

 

 

今回は私の趣味であるゴルフについて書かせていただきます。

 

学生の頃よりゴルフをしておりましたが、社会人になってもその熱は冷めず、今もゴルフに熱中しております。
プレーするのが1番好きですが、色々なメーカーのゴルフクラブを調べたりすることも好きなギアオタクでもあり、
テレビでゴルフ観戦をすることも好きです。

 

自分でもこんなに熱中するとは思いもしませんでした。
子供の頃、テレビでゴルフ観戦する親父を横目に退屈しておりました。

 

プレーをし始めると変わるものですね。
あの頃からゴルフにハマっていたら今どうなっていたのだろうかと考えることも多いです。

 

 

個人的にゴルフはプレーをするだけでなく景色も楽しめると思っております。
先週行きましたゴルフ場の写真を添付します。

 

 

ぜひゴルフをされる方、一度ご一緒させてくださいm(_ _)m
 
 
・北米発着海上コンテナ輸送で相談方はこちら

・全世界へフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)輸送で相談方はこちら
高橋良輔

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

高橋 良輔

ロジスティクスコーディネーター。愛知県名古屋市出身。三度の飯よりゴルフが好きです。絶賛不調のため、いかに上手くなるか日々模索しております。

2021年11月10日

日刊カーゴ記載記事 北米向けに多目的船定期チャーター

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・ オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)
の輸送を得意としているジャパントラストです。 

日刊CARGO(2021年11月5日発行)に、弊社ジャパントラストの取り組みが記載されました。
 特集記事はこちら

 以下同記事より引用。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北米向けに多目的船定期チャーター

 全世界のオーバーゲージ(OG)貨物や北米向けを主軸にするFCL専門NVOCC、ジャパントラストは、
コンテナ船以外の船舶のスペースチャーターを拡大している。10月、同社として初めて韓国・中国発の多目的船(MPP)の
定期チャーターを開始する。多目的船の一部スペースを押さえ、日本発貨物を韓国や中国経由で米ヒューストン向けに
毎月レギュラーで輸送する計画だ。9月後半には、今年2回目の在来船チャーターも断行。
在来船のオンデッキ(甲板)スペースを自社専用に借り受け、下関—米LAで輸送している。 

 北米向けを主軸とする同社は、あらゆる手段でスペースをかき集めている。
1年以上かけて海外船社と交渉してきたことが実り、韓国・中国—ヒューストン航路の多目的船のスペースの一部を
同社が専用に借り受けることが決まった。日本発貨物をコンテナ船で韓国や中国港湾に運び、
積み替えてヒューストンに海上輸送。ヒューストンからトラックなどに接続し、全米各地までドア・デリバリー可能だ。 

 菅哲賢代表取締役社長は「コンテナ船でないスペースも何とか確保するために動いてきた。
韓国・中国発で(日本より相対的に運賃の高い)現地の荷主との運賃競争になるが、
それでも当社に(スペースを)定期的に任せてくれた。ヒューストン以外に、40フィートコンテナで1回に100本程度の
ブッキングがあれば、LAやサバンナなど他港への寄港もアレンジできる」と説明する。 
 
 空コンテナ不足も継続している。多目的船に積むコンテナは、同社がSOC(シッパーズ・オウン・コンテナ)として
調達する考えで、ブッキング以前にコンテナ手配のオファーが必要になる。

 SOCでの活用を前提に、同社が今夏前に発注した初の自社バンは完成し、名古屋港付近で保管している。
中国の工場で整備し、「JAPAN TRUST」のロゴや連絡先などを壁面に記入。コンテナ番号に社名略字の「JTC」を冠した、
自社オリジナルの「JTCコンテナ」だ。20フィート、40フィートハイキューブ各5本の計10本。

 コンテナ船社とは、今年の日本発北米向けのSC(サービス・コントラクト)で、MQC(最低積み荷保証)で前年比1.5倍の
計1万5000TEUを契約している。そのうえで、このほど特定船社とは、船社のコンテナ手配でなく、ジャパントラスト手配の
SOCであれば北米向けの追加スペースの供給を受けられることになった。多目的船チャーターも含み、
自社の「JTCコンテナ」をSOCとして活用、重要顧客に提供して、北米までワンウェイなどで使用する考えだ。 

 在来船チャーターでも、コンテナはSOCで同社が手配して提供した。9月21日に下関で荷役を終え、10月前半にLAに
到着予定だ。3月末~4月後半に実施した今年1回目は、名古屋—米LAでの在来船チャーターでOG貨物が中心だったが、
今回はコンテナ貨物を対象とした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事の詳細はこちら>>https://www.jpntrust.co.jp/jtc/wp-content/uploads/2021/11/20211105ChubukenSpecial-10.pdf


・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2021年10月28日

日刊カーゴトップ記事に記載! 北米向けに多目的船定期チャーター

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・ オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストです。


日刊CARGO(2021年10月8日発行)のトップ記事として、弊社ジャパントラストの取り組みが特集されました。
特集記事はこちら


以下同記事より引用。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北米向けに多目的船定期チャーター
■ジャパントラスト、在来船は今年2回目

 全世界のオーバーゲージ(OG)貨物や北米向けを主軸にするFCL(フルコンテナ)専門NVOCC、
ジャパントラストは、コンテナ船以外の船舶のスペースチャーターを拡大している。
10月、同社として初めて韓国・中国発の多目的船(MPP)の定期チャーターを開始する。
多目的船の一部スペースを押さえ、日本発貨物を韓国や中国経由で米ヒューストン向けに毎月輸送する計画だ。
9月後半には、今年2回目の在来船チャーターも断行した。在来船のオンデッキ(甲板)のスペースを自社専用に借り受け、
下関―米ロサンゼルス(LA)で輸送している。
同社として初めて発注した自社バンも完成した。
日本発北米向け海上輸送では、スペース難で新規貨物の営業を実質停止せざるを得ないフォワーダーも少なくない。
同社はリスクを取って複数のチャーターに踏み出し、顧客に新たな輸送の選択肢を提供している。

▲完成した自社コンテナ

日本発韓・中経由米国で毎月輸送

海上コンテナ市況の混乱が長期化する中、特に北米航路はスペースひっ迫が激しく、
新規貨物のスポット運賃は過去最高値圏が続き、価格に関係なく新規のスペースが取れない状況にまでなっている。
北米西岸港湾ではコンテナ船の沖待ちが過去最大の隻数となり、混雑が激しく、本船スケジュールは大きく遅延。
米国側のコンテナヤード(CY)からの搬出や内陸への鉄道接続も大幅に遅れている。
 北米向けを主軸とする同社は、あらゆる手段でスペースをかき集めている。
1年以上かけて海外船社と交渉してきたことが実り、韓国・中国―ヒューストン航路の多目的船のスペースの一部を同社が専用に借り受けることが決まった。
日本発貨物をコンテナ船で韓国や中国港湾に運び、積み替えてヒューストンに海上輸送。
ヒューストンからトラックなどに接続し、全米各地までドア・デリバリー可能だ。
 
 韓国・中国経由の多目的船サービスは10月から毎月レギュラーで実施する。
トランシップ便となるため、日本からヒューストンまでのリードタイム(LT)は計40 ~ 60日程度となるが、
コンテナ船も港湾混雑やスケジュール遅延でLTが大幅に長くなる中、仕向け地によっても異なるが、差はほとんどないとみられる。
 多目的船はさまざまな貨物を積載可能なように設計され、コンテナや長尺・OG 貨物も輸送できる。
スペースをチャーターした船舶は鋼材などをメインに輸送しているが、コンテナ市況混乱の中で、
最近は韓国や中国フォワーダーが受託したコンテナ貨物の輸送を増やしているという。

 運航する多目的船社とはこれまで付き合いはなかったが、人脈をたぐって交渉を重ねてきた。
同船はヒューストンまで毎便、満船だというが、信頼を得たことで、自社の専用スペースを実現した。
 菅哲賢代表取締役社長は「コンテナ船でないスペースも何とか確保するために動いてきた。
韓国・中国発で(日本より相対的に運賃の高い)現地の荷主との運賃競争になるが、
それでも当社に(スペースを)定期的に任せてくれた。
ヒューストン以外に、40フィートコンテナで1回に100本程度のブッキングがあれば、
LAやサバンナなど他港への寄港もアレンジできる」と説明する。


▲コンテナ番号に社名略字の「JTC」を冠した自社オリジナルの「JTCコンテナ」

▲今年2回目の在来線チャーターでオンデッキにコンテナを搭載して輸送した

 

自社コンテナ完成、SOCで活用

 空コンテナ不足も継続している。
多目的船に積むコンテナは、同社がSOC(シッパーズ・オウン・コンテナ)として調達する考えで、
ブッキング以前にコンテナ手配のオファーが必要になる。
 SOC での活用を前提に、同社が今夏前に発注した初の自社バンは完成し、名古屋港付近で保管している。
中国の工場で整備し、「JAPAN TRUST」のロゴや連絡先などを壁面に記入。
コンテナ番号に社名略字の「JTC」を冠した、自社オリジナルの「JTCコンテナ」だ。
20フィート、40フィートハイキューブ各5本の計10本。
 コンテナ船社とは、今年の日本発北米向けのSC(サービス・コントラクト)で、
MQC(最低積み荷保証)で前年比1.5 倍の計1 万5000TEU を契約している。

そのうえで、このほど特定船社とは、船社のコンテナ手配でなく、
ジャパントラスト手配のSOCであれば北米向けの追加スペースの供給を受けられることになった。
新たな多目的船チャーターも含み、自社の「JTCコンテナ」をSOCとして活用、
重要顧客に提供して、北米までワンウェイなどで使用する考えだ。
 初の自社コンテナで、蔵置や荷役などのオペレーションのコントロールに手間もかかっているというが、
環境の激変下で提供して顧客の支援につなげるうえ、「世界中に動く広告塔」としての宣伝効果も想定する。
菅社長は「自社コンテナを持つことができたのは、感慨深いこと。
10年後ぐらいに、誰かがどこかで見かけたと連絡をくれることを期待している」と話す。

下関―LAでは在来船チャーター
今年2回目、同社として3回目の在来船チャーターは既に実行した。
日本全国から集めたコンテナ貨物を下関で船積みし、LAに輸送している。
在来船のオンデッキのスペースを借り受け、化学品などのドライコンテナ十数本を積んだ。
コンテナはSOCで同社が手配して提供した。
9月21日に下関で荷役を終え、10月前半にLAに到着予定だ。
3月末~ 4月後半に実施した今年1回目は、名古屋―米LAでの在来船チャーターで
OG 貨物が中心だったが、今回はコンテナ貨物を対象とした。
 リフトオン・リフトオフ(LOLO)方式の荷役を行う在来船は、多目的船と同様、
コンテナ船と違う港湾バースに接岸し、自船に搭載するデッキクレーンで貨物を積み降ろしする。
LA・ロングビーチ(LB)港では、9月後半にコンテナ船の滞船が70隻規模と過去最大となったが、
コンテナ船バースの混雑は回避できる。

 このほか、6月に開始した優先的にスペース割り当てをし、ほぼ100%保証する独自の「JTCプライオリテ
ィ・チャージ」が好評だ。同社のMQCの枠の中から優先的に割り当て、希望者の要望が枠内ならば、
ほぼ100% の船積みを約束する。チャージ料金はFEU、TEU 問わずコンテナ1本あたり2000ドル。
 フォワーダーの北米向け新規貨物の営業には、スペース難の壁が立ちはだかっている。
その中で同社は、複数のチャーターや自社のコンテナ整備にも踏み込んでサービスを多様化する。
「リスクはある。ただ、運賃が高騰している分、いただいている料金を原資に、
新しいことにチャレンジして輸送の要望に応じられるようにすることこそが、使命だと考えている」と菅社長。
「当社のウェブサイトにいただいた大手荷主の問い合わせが、実際にブッキングに結び付いている。
問い合わせは増える一方だ。(未曽有の市況は)100年に1度のチャンス。
いろいろなサービスを立ち上げて『ジャパントラスト』の名前を知ってもらい、
将来に向けて今、信用を得られるよう努力したい」と話している。
北米向け多目的船の定期チャーターは、
米国港湾の労使契約更改で西岸港湾のストライキの不安のある来年に向けても、継続していきたい考えだ。

 ジャパントラストは名古屋市中区に本社を置き、日本の従業員数30人。
米国現地法人がLA 本社とシカゴ、ニューヨークに支店を置くほか、メキシコとブラジルにも営業所を構える。
米国法人は10人の体制でほとんどが日本人で、着地側のトラック、鉄道など内陸までのオペレーション管理も自社展開する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事の詳細はこちら>>https://www.jpntrust.co.jp/jtc/wp-content/uploads/2021/10/DailyCargo_211008-JTC.pdf


・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

2021年10月12日

「Digima〜出島〜」に弊社代表が解説した記事が掲載されました!

北米発着の海上コンテナ輸送、全世界へのフラットラック・
オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送を得意としているジャパントラストです。

 
今月4日の「Digima〜出島〜」に弊社代表が解説した記事が掲載されましたので一部をご紹介いたします。

 

 

以下、同記事より引用。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界的なコンテナ不足によって海上輸送費が高騰! 国際物流にも大混乱をもたらす新型コロナの影響とは?

 

現在、国際物流において「世界的なコンテナ不足」と「コンテナ運賃の急騰による海上輸送費の高騰」が続いています。 
 

大まかな背景としては… 

2018年からの米中貿易摩擦や2019年12月からの新型コロナ感染拡大による先行きの懸念によって、世界のコンテナ生産量の9割以上を占める中国におけるコンテナ製造量が減少。その後、いち早くコロナ禍よりV字回復を果たした中国の輸出と、欧米各国の巣ごもり消費の増加によって、世界的に輸送量が増大。
  

しかし従来のコンテナ不足もあいまってコンテナの回転率が著しく低下。さらにコロナ禍によって荷役作業が滞り港湾機能も大混乱に陥りました。その結果、北米航路の中でも特に北米西海岸の港湾が大混雑となりコンテナ船の運航遅延も各港湾で発生。

…それらの様々な要因が複合的に絡まって、今回の世界的なコンテナ不足と海上輸送費の高騰が続いているのです。
 

本文内で詳しく解説しますが、今回の世界的なコンテナ不足によってコンテナ運賃が急騰すると、その分が転嫁されて輸送コストも当然アップします。その結果、各種の原材料や商品といった、多くのモノの価格が長期的に上昇してしまうケースも懸念されています。  

つまり「世界的なコンテナ不足」は国際物流のみならず世界経済の停滞の要因ともなり得るのです。
  

本テキストでは、ハード(船・トラック・倉庫)を持たない独立系フォワーダー(NVOCC)として知られるジャパントラストの代表である菅 哲賢(すが てつまさ)氏に、今回の国際物流における「世界的なコンテナ不足」と「コンテナ運賃の急騰」について解説していただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続きはこちら>>https://www.digima-japan.com/knowhow/united_states/18644.php

 

 

・北米発着の海上コンテナ輸送でご相談の方はこちら

・全世界へのフラットラック・オープントップコンテナ(オーバーゲージカーゴ)の輸送でご相談の方はこちら

投稿者

ジャパントラスト株式会社 

 

INFORMATION

海上貨物無料お見積り
MyJTC
MyJTCのご案内
米国・輸出入代行 売買売代行/交渉サービス
海上輸送ノウハウ お役立ち情報が満載!
見学のご案内
会社案内BOOK
マスコミ掲載情報
お客様アンケート集計結果
英訳約款
海上コンテナサイズ表
関税・容量重量・保険 計算ツール
Q&A
専門用語に困ったら
貿易実務用語集
Subcontents
ジャパントラスト公式Twitter
ジャパントラスト公式Instagram
LINEスタンプ
海運業界情報無料メルマガ 情熱羅針盤
情熱羅針盤 かわら版
ジャパトラブログ
貿易実務講座動画 JETRO認定貿易アドバイザー ハリー・ヨシダ講師
NVOCCとコンソリデーターの違いとは?
直接運送契約、混載運送契約
乙仲とフォワダーの違いとは?Forwarderと乙仲さんは違うのかな?
IATAとは?航空貨物運送の貿易実務知識
通関士、乙仲の仕事とは?船への積込から船荷証券(B/L)の入手までの貿易実務とは?
船荷証券(B/L)【前半】特徴と分類 Received B/L, Shipped B/L, 裏書 Letter of Indemnity 他
船荷証券(B/L)【後半】白地裏書 Endorsement、サレンダーB/L
サレンダーB/Lの代わりに、SEA WAY BILLにした時のメリット、デメリット。SWBって何?
フォワーダー大学
インコタームズ 貿易取引条件の覚え方EXW/FOB/CFR/CIF/DAP/DDP
カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
ページトップへ